7月に開催が予定されている東京オリンピック(五輪)で、2008年の北京大会を最後に競技種目から外れた野球が3大会ぶりに復活する。本欄では13年前、金メダルを獲得した韓国代表の全9試合を現地観戦した筆者が、北京五輪を振り返る(その2)。

(その3 稲葉篤紀が見上げたイ・スンヨプの白球 金への思いと悔しい思い

(その1 G.G.佐藤だけじゃない 韓国もエラーを連発。その原因は?

定石破りの采配が的中

「運が良かったんだよ」

北京でチームを金メダルに導いたキム・ギョンムン監督に、知人がショートメッセージを送るとこんな言葉が返ってきたという。北京でのキム監督の采配は大事な場面で度々、的中していた。

2008年8月16日、予選リーグ4日目の日本-韓国戦。和田毅(ソフトバンク)とキム・グァンヒョンの両左腕が先発したこの試合は、日本が6回裏に新井貴浩(阪神)の2ランで均衡を破ると、韓国も7回表にイ・デホの2ランで同点に追いついた。

2-2のまま迎えた9回表、韓国は5番キム・ドンジュがヒットで出塁。前の打席でホームランを放っているイ・デホに打順が回った。

この場面でイ・デホは日本の3番手、岩瀬仁紀(中日)が右足を上げたところで、思いもよらぬ姿を見せた。大きな体をかがめてのバントの構えだ。イ・デホが転がした打球は岩瀬の前へ。イ・デホの送りバントは成功し、勝ち越しの走者が得点圏に進んだ。

その後2死一、二塁となって打順は9番の右打者キム・ミンジェ。この場面でキム監督はプロ3年目、20歳の左打者キム・ヒョンスを代打に送った。ここでキム・ヒョンスはカウント1-1の3球目、岩瀬が投じた真ん中低めのスライダーをセンターにはじき返し、勝ち越しの走者を迎え入れて3-2とした。

この回の韓国はさらに2点を追加。その裏に日本も追い上げるも及ばず、試合は韓国が5-3で勝利した。

勝ち越し打に喜ぶキム・ヒョンス
勝ち越し打に喜ぶキム・ヒョンス写真:アフロスポーツ

選手交代のタイミングもハマる

イ・デホはバントについて、「ベンチの指示だった。バントは久しぶり過ぎて最後にいつやったか覚えていない」と話した。イ・デホの犠牲バントはKBOリーグで2004年に決めて以来、約4年ぶりだったが監督の指示を忠実に遂行した。

また当時の感覚では稀だった、左打者のキム・ヒョンスを初対戦の左投手・岩瀬にぶつけたことについて、キム監督はこう話した。

「左対左は投手が有利だとしても、チームの中心打者として活躍する選手はそうとは限らない。特にキム・ヒョンスは左投手を苦にしないとわかっていたので、迷わず起用した」。キム監督は当時トゥサンを率い、代打に送ったキム・ヒョンスもまたトゥサンの選手だった。

オリンピックではベンチ入り選手が24人と少なく、選手交代のタイミングが難しい。しかしキム監督は思い切った決断を見せ、それもハマっていた。

準決勝日本戦、1-2で1点を追う7回裏。韓国は1死後、6番イ・デホが3打席連続となる四球で歩いた。キム・ギョンムン監督はここが勝負どころと判断。イ・デホの代走に俊足のチョン・グンウを送った。

チョン・グンウは二塁に進んだ後、代打イ・ジンヨンの右前安打で俊足を飛ばして生還。同点のホームを踏んだ。もし走者がイ・デホのままだったら同じ結果にはなっていなかった。

イ・デホの代走のチョン・グンウが同点のホームを踏む
イ・デホの代走のチョン・グンウが同点のホームを踏む写真:ロイター/アフロ

動いた策が次々と当たった北京でのキム・ギョンムン監督。しかし、かたくなに不振の4番打者を動かすことはしなかった(つづく)。

(関連記事:東京五輪の野球韓国代表が決定 呉昇桓、秋信守は選出されず

(関連記事:韓国監督が故・加藤博一さん(元大洋)との写真を財布に忍ばせる理由

⇒ 東京オリンピック野球競技 概要・日程と韓国代表一覧(ストライク・ゾーン)