15日の韓国KBOリーグは2試合が雨天中止。3試合がナイトゲームで行われました。

ハンファイーグルス-ロッテジャイアンツ(テジョン)は1点を争う接戦に。

ハンファは3-1で迎えた7回表、1点を喫して1点差に迫られた無死二塁の場面で、好投の先発ライアン・カーペンター投手に代わって、横手投げのプロ2年目、カン・ジェミン投手を投入。この日が26試合目の登板で防御率0点台のカン・ジェミン投手は、ピンチを切り抜けました。

カン・ジェミン投手は8回も0点に抑えて、9回は通算900試合登板まであと2試合となったチョン・ウラム投手が締めてゲームセット。助っ人、若手、ベテランの3投手のリレーで1点差ゲームをものにしたハンファは、連敗を3で止めて最下位(10位)を脱出。敗れたロッテが10位となりました。

◆「日韓ともにあす11時に代表発表」

7、8月に開催予定の東京オリンピック(五輪)に参加する、野球代表チームの最終エントリー24人が、日韓ともに16日11時に発表になります(日本はJOCの正式承認前ということで「内定選手発表」と表記)。

東京五輪の野球競技は参加6チーム中、日本、韓国、メキシコ、イスラエル、アメリカの出場が決定。残り1枠は来週行われる世界最終予選でベネズエラ、オランダ、ドミニカ共和国の中から決まります。

⇒ 東京オリンピック野球競技日程(ストライク・ゾーン)

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ロッテジャイアンツとの2軍戦は雨天中止でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が3試合の結果です。

◇6月15日(火)の結果

・トゥサン 6 - 8 サムスン(チャムシル)

 勝:イ ジェイク

 敗:パク チョンス

・キウム 2 - 4 LG(インチョン)

 勝:キム デユ

 敗:チョ サンウ

・ハンファ 3 - 2 ロッテ(テジョン)

 勝:カーペンター

 敗:ストレイリー

・KIA 中 止 SSG(クァンジュ)

 勝:

 敗:

・NC 中 止 KT(チャンウォン)

 勝:

 敗:

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。