15日の韓国KBOリーグは1試合が雨で中止となり、4試合が行われました。

ロッテジャイアンツ-KTウィズ(プサン)で、ロッテの先発マウンドに上がったのはナ・ギュンアン投手。

プロ5年目、23歳のナ・ギュンアン投手は、2019年まで捕手として1軍で100試合以上出場していましたが、左手有鈎骨骨折などもあり昨季投手に転向。今季1軍登板を果たし、5試合目となるこの日がプロ初先発となりました。

ナ・ギュンアン投手はリーグトップのチーム打率を誇るKT打線に対し、5回73球を投げて被安打4、無四球。力みのないシンプルな投球フォームから安定した制球力を見せ、4つの三振を奪い、無失点に抑えました。

試合はロッテが5回を終わって4-0でリード。ナ・ギュンアン投手は勝ち投手の権利を得てマウンドを降りました。

しかし追うKTは7回に2点、8回には3番カン・ベクホ選手の5号2ランで4-4の同点とし、さらに6番パク・キョンス選手のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。試合は5-4でKTが勝利しました。ナ・ギュンアン投手は勝ち負けつかず、初先発初勝利とはなりませんでした。

◆「改名選手続出のロッテ」

投手転向後、初先発のナ・ギュンアン投手は昨年7月に改名。以前の名前はナ・ジョンドクでした。ロッテはソン・アソプ外野手が2009年にソン・グァンミンから改名後、大活躍を続けているのをきっかけに、以後10人以上の選手が名前を変えています。現在ロッテに在籍する改名選手ではカン・ロハン外野手(改名前カン・ドンス)、チ・シワン捕手(チ・ソンジュン)などがいます。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

SSGランダーズ戦は雨天中止。あす16日に14時開始のダブルヘッダーが編成されました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇5月15日(土)の結果

・LG 14 - 4 サムスン(チャムシル)

 勝:イ ミンホ

 敗:チェ チェフン

・キウム 15 - 1 ハンファ(コチョク)

 勝:ブリガム

 敗:イ スングァン

・SSG 中 止 トゥサン(インチョン)

 勝:

 敗:

・ロッテ 4 - 5 KT(プサン)

 勝:キム ミンス

 敗:キム デウ

・NC 7 - 3 KIA(チャンウォン)

 勝:パク チョンス

 敗:キム ユシン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。