5、6、7番が4安打ずつ計11打点でハンファ大勝 20歳の5番が打率トップに<韓国KBOリーグ>

2本のホームランを含む4安打5打点のノ・シファン(写真:ハンファイーグルス)

24日の韓国KBOリーグは、2試合が14時開始、3試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

ハンファイーグルス-LGツインズ(テジョン)は18安打のハンファが、19-5で大勝。中でも5番以降の打者が大活躍しました。

20歳の主砲、5番のノ・シファン選手が2打席連続の5、6号を含む、4安打5打点を記録すると、6番チャン・ウンホ選手、7番・キム・ミンハ選手もそれぞれ4安打。この3人で12安打11打点でした。

ノ・シファン選手のこれまでの6本のホームランはいずれも1試合2発。打率は3割4分4厘まで上がり、打点は23でリーグトップに躍り出ました。

◆「オ・スンファンの記録達成はまたもおあずけ」

KBOリーグ通算300セーブまであと1つに迫ったオ・スンファン投手ですが、チームはこの日も8-3と5点をリードして9回へ。セーブがつく場面ではありませんが、登板間隔が空いているオ・スンファン投手は、5番手でマウンドに上がりました。オ・スンファン投手は1回を投げて2安打1失点。ここまでの成績は7試合に登板し4セーブ、防御率は7.20です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

NCダイノス戦での出場はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月24日(土)の結果

・トゥサン 9 - 6 NC(チャムシル)

 勝:ミランダ

 敗:カン ドンヨン

・キウム 4 - 5 SSG(コチョク)

 勝:キム サンス

 敗:チョ サンウ

・KT 2 - 4 ロッテ(スウォン)

 勝:パク セウン

 敗:コ ヨンピョ

・ハンファ 19 - 5 LG(テジョン)

 勝:キム ボムス

 敗:イム チャンギュ

・KIA 4 - 8 サムスン(クァンジュ)

 勝:ウォン テイン

 敗:イ ミンウ

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。