28日の韓国KBOリーグのオープン戦は1試合が中止となり、4試合がデーゲームで行われました。

ハンファ生命イーグルスパークのハンファイーグルスとロッテジャイアンツの対戦はハンファが2-0で勝利し、オープン戦の成績を5勝1敗として、単独首位に立ちました。

試合は0-0で迎えた6回裏、ハンファが2死から相手のエラーと暴投でランナーを二塁に進めると、打席には5番ノ・シファン選手。

ノ・シファン選手は変化球を前でとらえて、レフトスタンドへ運ぶ2ランホームラン。ノ・シファン選手の2試合連続となるオープン戦第2号で、ハンファが2-0として均衡をやぶり、この一打が決勝打となりました。

昨季、リーグワーストタイとなる18連敗を喫するなど低迷し、46勝95敗3分けの最下位に終わったハンファですが、ここまで6試合のオープン戦では好成績を残しています。

◆「20歳のスラッガーはキム・テギュンの後継者」

この日決勝弾を放ったノ・シファン選手はプロ3年目の20歳。昨季は106試合に出場し打率は2割2分でしたが、シーズン終盤に長打力を発揮し、9月中旬以降に6本のホームランを放ちました。

ノ・シファン選手は、昨季限りで現役を引退したチームの大先輩、キム・テギュンさん(金泰均、ハンファ球団GM特別補佐)の後を継ぐ右のスラッガーとして期待されています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

SSGランダーズとの試合はグラウンドコンディション不良で中止となりました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇3月28日(日)のオープン戦の結果

・LG 6 - 5 サムスン(チャムシル)

・SSG 中 止 トゥサン(インチョン)

・KT 14 - 3 NC(スウォン)

・ハンファ 2 - 0 ロッテ(テジョン)

・KIA 1 - 3 キウム(クァンジュ)

⇒ 2021年 韓国プロ野球オープン戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。