野球を愛し、記録を愛し、韓国の球場も愛した千葉功さん(元パ・リーグ記録部長)を悼む

「記録の手帳」連載2500回記念祝賀会での千葉功さん(写真:ストライク・ゾーン)

1975年から21年間、パ・リーグの記録部長を務め、雑誌「週刊ベースボール」では「記録の手帳」を2897回連載した千葉功さんが26日に亡くなった。85歳。

千葉さんとの出会いは2003年、筆者が企画しガイド役を務める韓国プロ野球観戦ツアーの第1回に千葉さんは一般参加者として申し込みをした。

「アメリカの球場はほとんど行ったから、今度は韓国の球場に行きたいと思ったんだよ」

千葉さんは翌04年にもツアーに参加し、毎試合、1球1球真剣にスコアブックに記した。千葉さんは当時オープンしたばかりのソウル郊外・インチョン(仁川)広域市にある、インチョンムナク(文鶴)球場(現インチョンSK幸福ドリーム球場)をとても気に入っていた。

「あれだけ見やすくて設備が整った球場は日本にもそうはないよ。また行ってみたいね。ソウルに移動するのは面倒だから、インチョンに泊まって3試合くらいゆっくり見たいね」

インチョンムナク球場の記録室からグラウンドを眺める千葉さん(写真:ストライク・ゾーン)
インチョンムナク球場の記録室からグラウンドを眺める千葉さん(写真:ストライク・ゾーン)

その時、千葉さんは70歳間近。しかしワールドシリーズにも一人で見に行くなど活動的だった。

「本当は家内も連れて行きたいけど、一人の方が気を遣わずに球場に行けるからね。自分でホテルを予約するし、チケットも自分で球団に連絡する。困ったことはインターネットで調べれば大丈夫」

今ほどインターネットでの情報収集が容易ではなかった2000年代初頭、千葉さんはインターネットを使いこなしていた。白い眉毛のその姿はおじいちゃんという雰囲気だったが、野球への情熱はまったく衰えていなかった。

2003年当時、SKに在籍していたエディ・ディアス(元広島)と千葉さん(写真:ストライク・ゾーン)
2003年当時、SKに在籍していたエディ・ディアス(元広島)と千葉さん(写真:ストライク・ゾーン)

千葉さんは未熟な筆者の質問にいつも丁寧に答えてくれた。09年、KBOリーグはチーム勝率の計算方法を変更し、それまでの「勝利数÷(勝利数+敗戦数)」ではなく、「勝利数÷試合数」とした。つまり引き分けを負けと同等に扱うということだ。このKBOリーグの変更について意見を求めると、千葉さんは語気を強めた。

「なんでそうなったの?日本でも引き分けを0.5勝として計算したことはあるが、負けと同じに扱ったことはない。引き分けと負けが同じなのは理解できない。これは1年でやめた方がいい。韓国のマスコミは反対していないの?」

「引き分け=負け」で勝率を計算した09年のKBOリーグはKIAが81勝48敗4分けで1位、SKが80勝47敗6分けで2位。しかしそれまでの計算方法であればSKが1位だった。千葉さんが「やめた方がいい」と言ったこの勝率の計算方法は翌10年も採用されたが、11年からは再び「勝利数÷(勝利数+敗戦数)」に戻った。

ソウル・チャムシル球場の記録室でグラウンドを眺める千葉さん(写真:ストライク・ゾーン)
ソウル・チャムシル球場の記録室でグラウンドを眺める千葉さん(写真:ストライク・ゾーン)

毎年、年賀状にはお孫さんの成長とご自身の近況が記され今年は「闘病生活が4年目となるも苦痛もなく穏やかに過ごし、オリンピックのテレビ観戦、野球に夢を馳せたい」と綴っていた。

17年前の5月、千葉さんは69回目の誕生日を韓国で迎えた。観戦ツアーの参加者たちとビアホールでお祝いすると、生ビールを勢いよく飲み干し、「野球を見て、うまいビールを飲んで気分がいい。もう死んでもいい!」と言って豪快に笑った。球界関係者という驕りなく、ファンたちと楽しそうに野球談議に花を咲かせていた。

野球を愛し、記録を愛し、野球を愛する人を愛した千葉功さん、本当にありがとうございました。