【韓国シリーズ】リーグ参入8年目で初のV  NCが4勝2敗でシリーズ制覇<韓国KBOリーグ>

勝利の瞬間のNCナイン(写真:NCダイノス/初報から差し替え)

24日の韓国KBOリーグは韓国シリーズ第6戦が行われ、NC(公式戦1位)がトゥサン(3位)に勝利し、対戦成績を4勝2敗として初のシリーズ制覇を果たしました。

NCがドリュー・ルチンスキー投手、トゥサンがラウル・アルカンタラ投手と、第1戦と同じ先発対決となったこの試合は序盤投手戦に。第5戦と同じく、4回まで両者無得点で試合が進みました。

試合はNCが5回裏2死一、二塁で2番イ・ミョンギ選手のタイムリーで先制。1-0とすると、6回にも2本のタイムリーで3点を挙げ、4-0とリードを広げました。

4、5戦と零封を喫したトゥサンは6回までスコアボードに0が並び、ポストシーズン歴代ワーストの25イニング連続無失点に。7回表に2点を挙げて、無失点記録はストップしましたが、点差を詰めることはできませんでした。

NCは4-2で勝利し、球団創設(1軍参入)8年目での初の公式戦1位に続き、韓国シリーズも制して今年のチャンピオンチームとなりました。

NCは人気オンラインゲーム・リネージュの開発、供給などを行うNCソフトが親会社。2012年に9つ目の球団としてKBOリーグに参入し、1年間の2軍リーグでの活動を経て翌13年から1軍に加わった球団です。

⇒ NCダイノス紹介(ストライク・ゾーン)

敗れたトゥサンは公式戦を3位で終え、準プレーオフ、プレーオフを勝ち上がり、キム・テヒョン監督就任以来、6年連続の韓国シリーズ進出を果たしましたが、2連覇とはなりませんでした。

◆「観客1,670人の中での歓喜」

ソーシャルディスタンス強化レベルが引き上げられたことで、第6戦以降の観客数は収容人員の10%までとなり、この日のチケットは完売でしたが観客数は1,670人でした。

5月5日に当初予定より38日遅れでスタートした韓国KBOリーグは公式戦を144試合行い、一部縮小したポストシーズンはこの日、すべての日程を終えました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

韓国シリーズ第6戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

◇11月24日(火)の結果

・NC 4 - 2 トゥサン(コチョク)

 韓国シリーズ 第6戦

 勝:ルチンスキー

 敗:アルカンタラ

⇒ KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。