オンラインゲーム会社の新生球団 リーグ参入8年目で初の公式戦制覇<韓国KBOリーグ>

初の公式戦制覇を果たしたNCの面々(写真:NCダイノス/初報から差し替え)

24日の韓国KBOリーグは3試合が17時開始で行われました。

公式戦1位確定にマジック1のNCダイノスが、本拠地・チャンウォンNCパークでのLGツインズ戦に延長12回3-3で引き分け。勝率で全球団を上回ることが決まり、レギュラーシーズンを制して韓国シリーズ進出を決めました。139試合目での確定です(全144試合)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

NCは人気オンラインゲーム・リネージュの開発、供給などを行うNCソフトが親会社。2012年に9つ目の球団としてKBOリーグに参入し、1年間の2軍リーグでの活動を経て翌年から1軍に加わりました。

⇒ NCダイノス紹介(ストライク・ゾーン)

そして今季、8シーズン目で初の公式戦1位を決めています。

NCは参入2年目から上位争いに加わり、4年目の16年には公式戦を2位で終え、韓国シリーズに初進出するなど早いスピードで実績を積み上げていきました。

ところが18年は最下位に転落。しかし19年にトゥサンベアーズからヤン・ウィジ捕手をFAで獲得してチームの立て直しを図り、昨年は5位に再浮上しました。そして今年は5月13日から一度も首位の座を譲ることなく、ゴールテープを切りました。

チームの中心選手には球団発足年にプロ入りし、外野手として攻守に高い能力を見せるナ・ソンボム選手。韓国を代表する二塁手パク・ミンウ選手や若手ナンバーワン左腕のク・チャンモ投手らがいます。

また外国人選手の成功例が多く。今季もドリュー・ルチンスキー投手が18勝を挙げるなど活躍しています。これまで日本人コーチ、選手が在籍したことはありません。

NCの本拠地は昨年オープンした洗練されたボールパークのチャンウォンNCパークです。

チャンウォンNCパーク(写真:ストライク・ゾーン 2019年撮影)
チャンウォンNCパーク(写真:ストライク・ゾーン 2019年撮影)

本来なら同地で韓国シリーズ第1、2、6、7戦が行われるところですが、今年は開幕が遅れポストシーズンが11月開催となりました。そこで今年のプレーオフ、韓国シリーズは寒さの影響を受けないコチョクスカイドームで全試合が行われます。

⇒ KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ロッテジャイアンツ戦の8回裏、4番キム・ジェファン選手の代走で出場したイ・ユチャン選手に代わって、9回表からレフトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が3試合の結果です。

◇10月24日(土)の結果

・トゥサン 2- 1 ロッテ(チャムシル)

 勝:アルカンタラ

 敗:パク セウン

・KIA 7- 11 サムスン(クァンジュ)

 勝:ライブリー

 敗:ヤン ヒョンジョン

・NC 3- 3 LG(チャンウォン)

 勝:

 敗:

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。