3番が4安打、4番が4打点 打つべき人が打ってマジック1。あすにも1位確定<韓国KBOリーグ>

28号2ランを放った4番のヤン・ウィジ(写真:NCダイノス)

20日の韓国KBOリーグは4試合がナイトゲームで行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドのKIAタイガース-NCダイノスは、首位NCが序盤から得点を重ね、集中力を欠くプレーが目立った6位KIAを相手に13-3で大勝しました。

NCは3番ナ・ソンボム選手が4安打1打点、4番ヤン・ウィジ選手が決勝打と28号2ランを含む2安打4打点を記録。計18安打を連ねています。

この日、マジック対象チームのKTウィズが敗れたため、NCは公式戦1位確定のマジックを2つ減らして1とし、最速であす21日に、球団創設(1軍参入)8年目で初の公式戦制覇が決まります。

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「韓国シリーズ11月17日スタート。プレーオフから全試合コチョクドームで」

ポストシーズンの日程が発表になりました。今年は新型コロナウイルス感染拡大によりシーズン開幕が遅れたため、例年より遅い開催です。

11月1日に4、5位が対戦するワイルドカード決定戦(2戦制)で幕を開け、準プレーオフは例年の5戦制から3戦制に短縮して4日から行われます。

9日に第1戦を迎えるプレーオフ(5戦制)、17日に始まる韓国シリーズ(7戦制)は寒さを避けるため、全試合を韓国唯一のドーム球場、コチョクスカイドームで開催します。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

9回表、4番キム・ジェファン選手の代走で出場し、9回裏にそのままレフトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇10月20日(火)の結果

・SK 2- 12 サムスン(インチョン)

 勝:チェ チェフン

 敗:チョ ヨンウ

・KT 6- 7 LG(スウォン)

 勝:イム チャンギュ

 敗:ペ ジェソン

・KIA 3- 13 NC(クァンジュ)

 勝:ソン ミョンギ

 敗:チャン ヒョンシク

・ロッテ 1- 6 トゥサン(プサン)

 勝:フレクセン

 敗:サンプソン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。