めがねのエースが宣銅烈超えの通算147勝目 8回無失点で歴代4位到達<韓国KBOリーグ>

ヤン・ヒョンジョン(写真:KIAタイガース)

18日の韓国KBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

チャムシル球場のLGツインズ-KIAタイガースはKIAの先発、エースのヤン・ヒョンジョン投手が好投。ストレートが走り、チェンジアップの制球良く、早いカウントで凡打を誘う投球で8回102球を投げて散発の4安打、0点に抑えました。

試合は4、7回に2点ずつを挙げたKIAが4-0で勝利。ヤン・ヒョンジョン投手は今季11勝目(8敗)を挙げて、プロ14年間で重ねてきた白星を147としました。

これでソン・ドンヨル投手(宣銅烈=元ヘテ、元KIA監督)の通算146勝を抜いて、リーグ歴代4位(現役1位)となっています。KBOリーグの通算最多勝利数はソン・ジンウ投手(現ハンファコーチ)の210勝です。

残り10試合の6位KIAは、ポストシーズン進出権を得られる5位昇格にわずかな望みを残しました。敗れた2位LGは連勝が3でストップです。

◆「2位争いは混戦が続く」

2位を争う4チーム(LG、キウム、KT、トゥサン)は昨日の時点で順位が上だった2チームが敗れ、下の2チームが勝ったため、再びゲーム差が2~5位まで1.5に縮まり、順位が入れ替わっています。

また首位NCダイノスも敗れ、1位NCと2位LGのゲーム差5は変わりません。

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

キウムヒーローズ戦の9回表、4番キム・ジェファン選手の代走で出場。そのままレフトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。19日は試合がありません。

◇10月18日(日)の結果

・LG 0- 4 KIA(チャムシル)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:イ ミンホ

・キウム 2- 8 トゥサン(コチョク)

 勝:アルカンタラ

 敗:ヨキッシュ

・SK 5- 7 KT(インチョン)

 勝:チョ ヒョンウ

 敗:ピント

・ハンファ 4- 5 サムスン(テジョン)

 勝:イ スンミン

 敗:キム イファン

・NC 2- 9 ロッテ(チャンウォン)

 勝:ストレイリー

 敗:ライト

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。