ブキャナン(元ヤクルト)15勝目 22年前のチーム外国人投手記録に並ぶ<韓国KBOリーグ>

15勝目を挙げた元ヤクルトのブキャナン(写真:サムスンライオンズ)

16日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ハンファ生命イーグルスパークのハンファイーグルス-サムスンライオンズは、サムスンの先発マウンドにデービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)が上がりました。

この日のブキャナン投手はナックルカーブ、チェンジアップで打者のタイミングを外しながらカウントを稼ぎ、7回116球を投げて被安打6、1失点。打ち損じを誘ってピッチャーゴロが4つ、奪った三振は5つでした。

サムスンは1回表に4番キム・ドンヨプ選手の19号2ランで先制。キム・ドンヨプ選手は4-1で3点リードの7回裏の守りで、1死一、二塁で左中間を抜けようかという打球を好捕し、守備でもブキャナン投手をバックアップしました。

試合は6-2でサムスンが勝利し、ブキャナン投手は15勝目(7敗)。1998年にスコット・ベイカー投手が記録した、チームの外国人投手シーズン最多勝利数に並びました。

1998年はKBOリーグに外国人選手制度が導入された最初の年でした。

◆「イ・ジョンフ、シーズン最多二塁打達成」

キウムヒーローズのイ・ジョンフ選手が6回裏の3打席目に今季48本目の二塁打を放ち、シーズン最多二塁打記録を更新しました。これまでの記録は2018年のジャレド・ホイング選手(ハンファ)の47個でした。

NPB記録は2001年の谷佳知選手(オリックス)の52個(136試合出場)。イ・ジョンフ選手が所属するキウムの残り試合は4試合です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

キウム戦の8回裏、前の回に9番チョ・スヘン選手の代打で出場のオ・ジェウォン選手に代わって、ライトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇10月16日(金)の結果

・LG 9- 0 KIA(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:ギャニオン

・キウム 7- 4 トゥサン(コチョク)

 勝:キム ソンミン

 敗:イ スンジン

・SK 7- 1 KT(インチョン)

 勝:チョン スミン

 敗:デスパイネ

・ハンファ 2- 6 サムスン(テジョン)

 勝:ブキャナン

 敗:パク チュホン

・NC 6- 5 ロッテ(チャンウォン)

 勝:ホン ソンミン

 敗:キム ゴングク

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。