首位NCが5連敗で独走態勢に黄色信号 2位LGが6連勝で追撃<韓国KBOリーグ>

逆転タイムリーのホン・チャンギ(LG)とNC野手陣(写真:LGツインズ)

11日の韓国KBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

チャムシル球場で行われた首位のNCダイノスと2位のLGツインズの対戦は、NCが3-1で2点リードし終盤に突入しました。

2点を追うLGはこの回の先頭打者、代打のパク・ヨンテク選手がライト前ヒットで出塁し口火を切ると、1死一、二塁となった場面で9番オ・ジファン選手がタイムリー二塁打。

1点差としてさらに1死二、三塁で1番ホン・チャンギ選手が二点タイムリー二塁打で4-3と逆転に成功しました。

LGはこの回、打者一巡の6得点。7-3としたLGがNCに逆転勝ちして6連勝。敗れたNCは5連敗で、1、2位のゲーム差は5に縮まっています。

LGは5回から登板の4人のリリーフ投手(イ・ジョンヨン、チェ・ドンファン、ソン・ウンボム、コ・ウソク)が被安打2、無失点に抑えて逆転劇を呼び込みました。

残り試合はNCが14試合、LGが11試合です。

◆「史上初の100敗の可能性なくなる」

最下位(10位)ハンファイーグルスは11日の試合に勝利し、131試合を終えて43勝86敗2分け。残り13試合に全敗しても99敗となり、史上初の100敗は免れました。

ハンファと9位SKワイバーンズとの差は1ゲームです。

(関連記事:地獄の18連敗から脱出 ワースト記録は免れるも苦境のハンファに日本のOBたちも心配

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KTウィズ戦、4-4で迎えた延長10回裏、1死満塁の場面でチョ・スヘン選手に代わってライトの守備に入りました。

試合は2死後にペ・ジョンデ選手のタイムリーヒットでサヨナラ負けしています。連勝は3でストップです。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。12日は試合がありません。

◇10月11日(日)の結果

・LG 7- 3 NC(チャムシル)

 勝:ソン ウンボム

 敗:ムン ギョンチャン

・KT 5- 4 トゥサン(スウォン)

 勝:チュ グォン

 敗:イ ヨンハ

・ハンファ 9- 3 キウム(テジョン)

 勝:サーポルト

 敗:チョ ヨンゴン

・サムスン 8- 4 ロッテ(テグ)

 勝:ライブリー

 敗:パク セウン

・KIA 5- 9 SK(クァンジュ)

 勝:キム ジュハン

 敗:キム ジェヨル

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。