コロナ禍で球宴中止もファン投票は実施 韓国の「仮想球宴」の投票数、本物を上回る

ファン投票で選ばれた、サムスンとロッテの選手(写真:ロッテジャイアンツ)

今シーズンのプロ野球は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、どのリーグもシーズン開幕が遅れた。「夏の風物詩」オールスター戦も中止に。厳しい状況下、球宴が行われないのはやむを得ないと、多くの人が思っただろう。

ところが韓国KBOリーグの場合、ただ「中止」では終わらなかった。全144試合のほぼ折り返し地点となった8月9日、「オールスター戦は行わないがファン投票は行う」と発表したのだ。

さらにファン投票の結果発表後には「オンタクト(非接触)オールスターレース」を実施するとした。オンタクトオールスターレースとはファン投票で選ばれた選手が、9月8~27日の公式戦で記録した勝利貢献度の数値(WPA)でMVPを決めるというものだ。

リーグ主導でいわば「仮想オールスター戦」を行うというKBOリーグのアイデア。それをNPBの球団職員や元選手に話したところ、「日本ではそういう発想はないかも」という反応だった。

KBOリーグではなぜ、このようなオールスターイベントを行おうと思ったのか。韓国野球委員会(KBO)のナム・ジョンヨン広報チーム長に訊いた。

「オールスター戦はファンサービスの色合いが濃い試合です。今年、ファンは観戦ができず、試合中継を見る以外に何もできない状況にあります。そこでファンが参加できる機会を作りたいと考えて、何かしようという話になりました」

実際にファン投票を行ってみると反応は良く、総得票数は昨年より約12.8%増加した137万1933票だった。開催されないオールスター戦のファン投票が、本物のオールスターファン投票よりも多く集まるという不思議な現象となった。

2019年のオールスター戦で勢ぞろいしたマスコット(写真:サムスンライオンズ)
2019年のオールスター戦で勢ぞろいしたマスコット(写真:サムスンライオンズ)
2019年のオールスター戦で記念撮影する監督と選手たち(写真:サムスンライオンズ)
2019年のオールスター戦で記念撮影する監督と選手たち(写真:サムスンライオンズ)

KBOリーグは今年、MLB、NPBよりも早い5月5日にシーズンをスタートさせ、ここまで滞りなく行われている。しかし観客の入場は7月26日からとNPBよりも後だった。開幕後に一部地域での集団感染があったからだ。

ようやく始まった有観客試合も、政府によるソーシャルディスタンスの強化レベルが引き上がったことで、開始から約3週間で再び無観客に。現在もその状況は続いている。

まさに「試合中継を見る以外に何もできない」という現状に、ファンの募る思いが投票行動へと移ったようだ。

投票数が多かったその他の理由としてナム広報チーム長は「シーズン後半戦に入っても順位争いがし烈なので、ファンの関心が高いのだと思います。そしてタイトルスポンサーの新韓銀行の積極的な告知活動の影響もあります」と説明した。

KBOリーグのオールスターファン投票は投手が3部門(先発、リリーフ、クローザー)に分かれ、その他のポジションと指名打者の計12部門となっている。

ドリーム(トゥサン、SK、KT、サムスン、ロッテ)とナヌム(キウム、LG、NC、KIA、ハンファ)の2チーム計24人のファン投票選出選手はオールスターレースの期間中、ユニフォームに球宴のワッペンをつけて公式戦を戦った。

オールスターレースは集計の結果、ナヌムの数値がドリームを上回り、MVPには平均WPA・0.0585、打率3割7分、6本塁打を記録したNCのヤン・ウィジ捕手が選ばれた。

ユニフォームにオールスターファン投票選出のワッペンをつけて、公式戦に出場するヤン・ウィジ(写真:NCダイノス)
ユニフォームにオールスターファン投票選出のワッペンをつけて、公式戦に出場するヤン・ウィジ(写真:NCダイノス)

KBOリーグは1リーグ10球団制。オールスター戦では10球団を便宜的に2つに分けているだけで、対戦の目新しさはない。仮装してプレーする選手もいるなど完全に「お祭り」だ。

昨年の球宴、マッカーサーに扮した元DeNAロマック(写真:SKワイバーンズ)
昨年の球宴、マッカーサーに扮した元DeNAロマック(写真:SKワイバーンズ)
衣装を着て、ファンと一緒に応援歌を踊るイ・ハクチュ(写真:サムスンライオンズ)
衣装を着て、ファンと一緒に応援歌を踊るイ・ハクチュ(写真:サムスンライオンズ)

そのお祭りは残念ながら行われなかったが、お祭り気分を盛り上げたという点で、今回の試みは成功と言えるだろう。

ちなみにファン投票の参加者に抽選で送られた賞品は、スポンサーとなっている病院での「5万円相当の健康診断権」、「車用空気清浄機」、「KBOオリジナル機能性マスク」と今年ならではの品々が並んだ。