ブキャナン(元ヤクルト)、ピンチを3併殺で切り抜けて14勝目 チームの連敗止める<韓国KBOリーグ>

14勝目を挙げた元ヤクルトのブキャナン(写真:サムスンライオンズ)

20日の韓国KBOリーグは14時開始の5試合と、ダブルヘッダー2試合目の計6試合が行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズ-キウムヒーローズは14-6でサムスンが勝利。

サムスンは5番キム・ドンヨプ選手が1回に14号3ラン、3回に15号2ランと2打席連続アーチを放つなど、5打数3安打6打点の活躍。チームも先発全員の18安打を記録しました。

2打席連続弾を放ったキム・ドンヨプ(写真:サムスンライオンズ)
2打席連続弾を放ったキム・ドンヨプ(写真:サムスンライオンズ)

投げてはサムスンの先発デービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)が、自身6連勝となる14勝目(6敗)を挙げています。

この日のブキャナン投手は6回96球を投げて被安打7、与えた四球は3つ。これまでの登板に比べてストライクとボールがはっきりし、初回を除き毎回ランナーを出すも、3つの併殺打でピンチを切り抜けました。

ブキャナン投手は今季ここまで33個の併殺打を記録し、2位以下を大きく引き離してトップです。サムスンは連敗を4で止めました。

◆「21日は新人ドラフト」

試合のない21日は、2021年に入団する新人ドラフトが行われます。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、各球団の関係者はそれぞれの球団事務所などから、オンラインで指名を行います。

各球団が優先指名権を持つ高校から1名を指名する、1次指名は既に終了し、今回行われるのは2次指名。昨季の成績が下位のチームから順に指名し、10ラウンドまで行われる予定です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、8月13日に登録抹消になって以来の1軍昇格。LGツインズ戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全6試合の結果です。21日は試合がありません。

◇9月20日(日)の結果

・トゥサン 6- 5 LG(チャムシル)

 勝:イ ヨンハ

 敗:コ ウソク

・SK 2- 10 KT(インチョン)

 勝:デスパイネ

 敗:チョ ヨンウ

・サムスン 14- 6 キウム(テグ)

 勝:ブキャナン

 敗:チョ ヨンゴン

・KIA 3- 11 ハンファ(クァンジュ)

 勝:ユン デギョン

 敗:イ ジュンヨン

・ロッテ 2- 7 NC(プサン)

ダブルヘッダー第1試合

 勝:ライト

 敗:イ スンホン

・ロッテ 2- 6 NC(プサン)

ダブルヘッダー第2試合

 勝:イム チャンミン

 敗:ノ ギョンウン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。