左腕エースが本領発揮の夏 ヤン・ヒョンジョン6回1失点で9勝目<韓国KBOリーグ>

ヤン・ヒョンジョン(写真:KIAタイガース)

28日の韓国KBOリーグは1試合が中止となり、4試合がナイトゲームで行われました。

インチョンSK幸福ドリーム球場のSKワイバーンズ-KIAタイガースは、KIAの先発マウンドにエースのヤン・ヒョンジョン投手が上がりました。

この日のヤン・ヒョンジョン投手は初回、二者連続三振でスタートする上々の立ち上がりを見せ、2回以降も得意のチェンジアップを振らせて三振を奪っていきました。

ヤン・ヒョンジョン投手は6回を投げて9奪三振、被安打4で失点は自らのエラーによる1点のみ。

KIAは打線が4本のホームランなどでヤン・ヒョンジョン投手を援護し、終盤、リリーフ陣が大量失点を許して追い上げられるも、KIAが11-8で勝利し、ヤン・ヒョンジョン投手は9勝目(6敗)を挙げました。

今季のヤン・ヒョンジョン投手は早い回に集中打を浴び、規定投球回到達投手の中で、最も防御率が悪い時期もありましたが、8月に入って本来の投球を見せ始めて5試合に登板し3勝。今月の防御率は2.40と安定感が戻ってきました。

KIAはロッテジャイアンツと入れ替わって6位に浮上です。

◆「ノーゲームで10月にダブルヘッダーに」

ハンファイーグルス-サムスンライオンズ(テジョン)は3回表降雨ノーゲーム。この試合は10月17日にダブルヘッダーで行われます。今後、台風の影響で雨天中止が増えると、9月以降は過密日程が心配されます。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

28日、2軍戦はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇8月28日(金)の結果

・LG 6- 5 KT(チャムシル)

 勝:キム デヒョン

 敗:チョン ユス

・SK 8- 11 KIA(インチョン)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:ピント

・ハンファ 中 止 サムスン(テジョン)

 勝:

 敗:

・ロッテ 4- 8 キウム(プサン)

 勝:ヤン ヒョン

 敗:ク スンミン

・NC 4- 11 トゥサン(チャンウォン)

 勝:ユ ヒグァン

 敗:キム ジンホ

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。