8回まで1安打無得点も9回に均衡破る2ランで勝利 呉昇桓10セーブ目<韓国KBOリーグ>

接戦を締めたオ・スンファン、カン・ミンホのバッテリー(写真:サムスンライオンズ)

15日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始で予定され、トゥサンベアーズ-KTウィズ(チャムシル)は雨天によるグラウンド整備のため、1時間12分遅れの18時過ぎに開始しました。

ハンファ生命イーグルスパークのハンファイーグルス-サムスンライオンズは両チーム得点なく、0-0で9回に突入。

ハンファの3投手に8回まで1安打に抑えられていたサムスンは9回表1死、ハンファの4番手チョン・ウラム投手から、チーム2本目のヒットで出塁しました。

この場面で5番キム・ドンヨプ選手はカウント2-1からの4球目、真ん中高めの直球を豪快に振り抜き、打球はライナーでレフトスタンドへ。キム・ドンヨプ選手の9号2ランホームランでサムスンは均衡を破って2-0としました。

サムスンは9回裏、5番手のオ・スンファン投手がハンファ打線を0点に抑えてゲームセット。ゲームを締めたオ・スンファン投手は10セーブ目を挙げています。

3安打で勝利したサムスンは3連勝。敗れた7安打無得点のハンファは4連敗を喫し、82試合目で60敗となりました。

◆「ソウル、スウォン開催試合、再び無観客に」

韓国野球委員会(KBO)は政府の新型コロナウイルス感染拡大に関する、首都圏のソーシャルディスタンスの警戒段階引き上げを受けて、16日(日)以降にソウルのチャムシル、コチョクスカイドーム、スウォンのスウォンKTウィズパーク、計3球場での試合を、暫定的に無観客で行うと発表しました。

既に販売済みのチケットは取消手数料なしで払い戻しされるとのことです。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

8月13日に登録抹消になっています。次の2軍戦は18日(火)のハンファイーグルス戦です。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇8月15日(土)の結果

・トゥサン 7- 5 KT(チャムシル)

 勝:チェ ジソン

 敗:イ ボグン

・ハンファ 0- 2 サムスン(テジョン)

 勝:キム ユンス

 敗:チョン ウラム

・KIA 10- 3 SK(クァンジュ)

 勝:チャン ヒョンシク

 敗:キム ジュハン

・ロッテ 1- 3 キウム(プサン)

 勝:イ スンホ

 敗:ノ ギョンウン

・NC 4- 13 LG(チャンウォン)

 勝:ウィルソン

 敗:イ ジェハク

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。