高卒ドラ1右腕、6回無失点で6勝目/元BC新潟のユン・デギョン、プロ初勝利<韓国KBOリーグ>

ソ・ヒョンジュン(写真:kt wiz)

11日の韓国KBOリーグは1試合が雨で中止となり、4試合が行われました。

スウォンKTウィズパークのKTウィズ-SKワイバーンズは6-1でKTが勝利。KTの先発、ソ・ヒョンジュン投手は6回を投げて被安打2、三振6つを奪って、SK打線を0点に抑えました。

高卒1年目、ドラフト1次指名のソ・ヒョンジュン投手は開幕から1ヶ月で4勝を記録するも、6月9日から4連敗。しばらく勝ち星から遠ざかっていました。しかし8月1日のSK戦で久々に白星を挙げ、この日の勝利で6勝目です。

ソ・ヒョンジュン投手は試合後のコメントで、「これまではカーブとスライダーに球速差がなかったので、スライダーより球速の出るカットボールの握りを覚えた」と連勝の要因を話しました。

(関連記事:昨夏、佐々木朗希と先発対決したドラ1右腕 7回無失点でリーグトップタイの4勝目

KTは打撃3部門でトップに立つ3番のメル・ロハス選手が、7回に3試合連続となる29号ダメ押し2ランを放っています。

KTは今季のSK戦、6勝負けなしです。

またキウムヒーローズ-ハンファイーグルス(コチョク)は延長12回、試合時間4時間58分の熱戦をハンファが7-5で勝利。

ハンファの8番手、昨年途中までルートインBCリーグ・新潟でプレーしていたユン・デギョン投手がプロ初勝利を挙げています。

◆「長引く梅雨の影響でダブルヘッダー前倒し」

韓国野球委員会(KBO)は梅雨が長引き、雨天中止ゲームが増えている現況を受け、夏場の7、8月には実施しないとしていたダブルヘッダーを、今月25日から編成すると発表しました。これにより8月25日以後の雨天中止時、翌日に同一カードが予定されている場合は、その試合がダブルヘッダーとなります。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

8回表、4番キム・ジェファン選手の代走で出場し、その裏からレフトの守備に入りました。試合はサムスンライオンズに6-1で勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇8月11日(火)の結果

・LG 4- 8 KIA(チャムシル)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:チョン チャンホン

・キウム 5- 7 ハンファ(コチョク)

 勝:ユン デギョン

 敗:キム ドンヒョク

・KT 6- 1 SK(スウォン)

 勝:ソ ヒョンジュン

 敗:ピント

・サムソン 1- 6 トゥサン(テグ)

 勝:ユ ヒグァン

 敗:ウォン テイン

・ロッテ 中 止 NC(プサン)

 勝:

 敗:

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。