昨夏、佐々木朗希と先発対決したドラ1右腕 7回無失点でリーグトップタイの4勝目<韓国KBOリーグ>

ソ・ヒョンジュン(写真:kt wiz)

3日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークのKTウィズ-トゥサンベアーズは7-2でKTが勝利。

KTは初回に4番のメル・ロハス選手の2点タイムリーで先制すると、4回に7番ファン・ジェギュン選手の2号ソロで1点を追加。さらに5回にはロハス選手が3試合連続となる8号ソロで5回を終わって4-0とリードしました。

KTの先発は高卒ドラ1ルーキーのソ・ヒョンジュン投手が、中5日で5試合目の登板。新人らしからぬ落ち着いた投球を見せるソ・ヒョンジュン投手は、3回に3つの四球で2死満塁のピンチを招くも、4番キム・ジェファン選手を3球三振。チェンジアップと速球で3球いずれも空振りを奪い、ピンチを脱しました。

ソ・ヒョンジュン投手は7回96球を投げ、被安打2無失点。三振は2つで、チェンジアップとツーシームでトゥサン攻撃陣から凡打を誘って打ち取りました。

勝ち投手になったソ・ヒョンジュン投手はリーグトップタイの4勝目(1敗)。18歳の新人ですがチームの勝ち頭です。

◆「昨夏のU18で佐々木朗希と先発対決」

ソ・ヒョンジュン投手は裕信高3年だった昨年、U18韓国代表として第29回WBSC U18ベースボールワールドカップ(韓国・キジャン)に出場。9月6日スーパーラウンドの日本戦に先発登板しました。

対する侍ジャパンU18代表の先発は大船渡高の佐々木朗希投手。佐々木投手は1回、打者4人に投げ、2回からは2番手に託しました。一方、ソ・ヒョンジュン投手は6回2/3を投げて7安打2失点。

プロ入りしてからのソ・ヒョンジュン投手は打たせてとるピッチングで、ここまで4勝を挙げていますが、U18日本戦では打者26人から8つの三振を奪いました。

試合は延長10回裏、韓国がパク・ミン選手(現KIA)の犠牲フライで5-4としてサヨナラ勝ち。勝ち投手になったのは3日のLGツインズ戦に先発し2勝目を挙げた、サムスンライオンズの左腕、ホ・ユンドン投手でした。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

2-7で迎えた9回表2死二、三塁で、9番イ・ユチャン選手のところで代打出場。KTウィズの3番手ソン・ドンヒョン投手に対し、カウント2-2の8球目、低めのボールになるチェンジアップを空振り三振でした。試合は上記の通り、トゥサンベアーズがKTに敗れています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇6月3日(水)の結果

・LG 6- 12 サムスン(チャムシル)

 勝:ホ ユンドン

 敗:ケリー

・KT 7- 2 トゥサン(スウォン)

 勝:ソ ヒョンジュン

 敗:イ ヨンチャン

・ハンファ 2- 6 キウム(テジョン)

 勝:チョ ヨンゴン

 敗:サーポルト

・KIA 11- 2 ロッテ(クァンジュ)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:サンプソン

・NC 8- 6 SK(チャンウォン)

 勝:パク チンウ

 敗:イ ゴンウク

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。