0-8をひっくり返して9-8でサヨナラ勝ち 魔法使い軍団が4連勝<韓国KBOリーグ>

サヨナラのホームインのムン・サンチョル(写真:kt wiz/初報から差し替え)

19日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークで行われたKTウィズ-ロッテジャイアンツは、ロッテが初回に一発攻勢。3番チョン・ジュンウ選手の8号3ランを皮切りに、続く4番イ・デホ選手が二者連続の7号ソロ。8番ハン・ドンヒ選手が2号3ランを放って、いきなり7点を先制しました。

ロッテ打線は3回にも1点を追加し、KTの先発ペ・ジェソン投手を9安打8点でKO。3回表を終わって8-0と大きくリードしました。

追うKTは3回裏に、メル・ロハス選手のリーグトップに並ぶ13号ソロで1-8とすると、4、5回にも得点を重ね、6回には2本のソロアーチなどで4得点。8-8として同点に成功しました。

試合はそのまま延長戦に突入し、迎えた10回裏。KTは2死二塁のチャンスを作ると、途中出場の2番オ・テゴン選手はピッチャー返し。センターに抜けようかという打球をセカンドが横っ飛びで止めるも、二塁走者、代走のムン・サンチョル選手はサードベースを蹴ってホームへと突っ込みます。

ボールはサード、そしてキャッチャーへと渡り、ホームでのクロスプレーに。ヘッドスライディングのムン・サンチョル選手が捕手のタッチをかい潜ってセーフとなりました。リプレー検証でも判定は覆らず、KTが9-8のサヨナラ勝ちを収めています。

8点差をひっくり返して、劇的なサヨナラ勝ちを飾ったKTは4連勝。ロッテは3連敗です。

◆「ブキャナン6勝目ならず」

サムスンライオンズのデービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)がKIAタイガース戦に先発。4回まで0点に抑え、味方も3点リードするも、5回裏にプレストン・タッカー選手に3ランを喫して同点に。ブキャナン投手は5回8安打3失点(自責2)でマウンドを降りました。

試合はKIAが5-4で勝利。ブキャナン投手に勝敗はつかず、ここまでの成績は5勝2敗です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

SKワイバーンズとの2軍戦に先発出場し、1番センターで先発出場。2打数2安打2四球で4打席すべて出塁しました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇6月19日(金)の結果

・LG 10- 18 トゥサン(チャムシル)

 勝:ホン ゴンヒ

 敗:チャ ウチャン

・キウム 2- 1 SK(コチョク)

 勝:キム テフン

 敗:ハ ジェフン

・KT 9- 8 ロッテ(スウォン)

 勝:チュ グォン

 敗:イ インボク

・KIA 5- 4 サムスン(クァンジュ)

 勝:コ ヨンチャン

 敗:イム ヒョンジュン

・NC 3- 1 ハンファ(チャンウォン)

 勝:ク チャンモ

 敗:キム ボムス

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。