吉田正尚(オリックス)を愛する32歳 同点2ランと決勝タイムリーの活躍<韓国KBOリーグ>

同点2ランを放ったチェ・ジュファン(写真:トゥサンベアーズ)

18日の韓国KBOリーグはKIAタイガース-NCダイノスが雨で中止となり、4試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場のトゥサンベアーズ-サムスンライオンズは7-3でトゥサンが勝利。トゥサンは連敗を4で止めました。サムスンの連勝も3でストップです。

この試合、3番のチェ・ジュファン選手のバットがチームを勝利に導きました。トゥサンが1-3で2点を追う5回裏、2死三塁でチェ・ジュファン選手はサムスンの先発左腕、ホ・ユンドン投手の高めの直球を、右中間スタンドへ8号2ランホームラン。同点に成功しました。

7回には1死一、三塁でサムスンの5番手キム・ユンス投手からセンター前ヒット。この一打でトゥサンは4-3と勝ち越しし、チェ・ジュファン選手は同点弾と決勝打となる計3打点を挙げる活躍を見せました。

◆「6つ年下のマッチョに憧れる32歳」

チェ・ジュファン選手は、6つ年下の吉田正尚選手(オリックス)のフルスイングを理想とする32歳。昨季は体重を増やしてパワーアップを図りましたが、故障もあって今年は8kg減量。攻守にシャープな動きを目指しながら、理想を追い求めています(プロフィール上は数年変化なく73kgも、実際は85kg)。

「オフに大阪に遊びに行った時に、京セラドームで吉田(正尚)のTシャツを買ってきた!」と無邪気に話す、愛すべきキャラクターです。

(関連記事:理想はギータとマッチョマンのフルスイング 遅咲きの30歳が迎える春季キャンプ

◆「SKとハンファで1対1のトレード」

SKのノ・スグァン外野手とハンファのイ・テヤン投手の1対1のトレードが発表になりました。リリーフ投手を求めるSKが、チームの1番打者をカードに成立したものです。

ノ・スグァン選手は入団当時のチームへの復帰。イ・テヤン投手は18年からリリーフに転向し、2年続けて55試合以上に登板しています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

LGツインズとの2軍戦に3番センターで先発出場し、4打数無安打1四球でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇6月18日(木)の結果

・トゥサン 7- 3 サムスン(チャムシル)

 勝:ユ ヒグァン

 敗:クォン オジュン

・キウム 3- 2 ロッテ(コチョク)

 勝:ムン ソンヒョン

 敗:オ ヒョンテク

・SK 3- 5 KT(インチョン)

 勝:デスパイネ

 敗:パク チョンフン

・ハンファ 7- 9 LG(テジョン)

 勝:ウィルソン

 敗:イ ヒョンホ

・KIA 中 止 NC(クァンジュ)

 勝:

 敗:

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。