ハソンとヘソンがエース撃ち キウムが首位NCに4安打3得点で延長戦を制す<韓国KBOリーグ>

キム・ハソンとキム・ヘソン(写真:キウムヒーローズ)

12日の韓国KBOリーグは1試合が雨で中止となり、4試合がナイトゲームで行われました。中止のサムスンライオンズ-KTウィズ(テグ)は13日に14時開始のダブルヘッダーで行われます。

チャンウォンNCパークのNCダイノス-キウムヒーローズはク・チャンモ、イ・スンホの若き左腕エースが先発。

ここまで5勝負けなしのNCク・チャンモ投手は7回2安打1失点、8つの三振を奪い、キウムのイ・スンホ投手は6回4安打無失点とともに好投しました。

試合は2-2で延長戦に突入。キウムが10回表1死満塁で1番キム・ヘソン選手が放ったセカンドゴロで、相手守備にミスが出て勝ち越しに成功。キウムが3-2で勝利しました。

キウム打線はこの試合わずか4安打。そのうち、ク・チャンモ投手から放った2安打、1回表、キム・ヘソン選手のライト線への二塁打と、7回のキム・ハソン選手のレフト場外に飛び出す6号ソロがいずれも得点につながっています。キム・ハソン選手の一発はク・チャンモ投手にとって今季初の被本塁打でした。

この日のク・チャンモ投手に勝ち負けはつかず、自責点は1。防御率はリーグトップのままで、0点台(0.75)をキープしています。

◆「ハンファ、リーグワーストに並ぶ18連敗」

以下の既報通り、ハンファイーグルスがトゥサンベアーズに敗れて、5月23日から続く連敗が18となり、1985年にサムミスーパースターズが記録したリーグワーストに並んでいます。

(関連記事:リーグ35年ぶりの18連敗。ハンファが球界創成期のワースト記録に並ぶ

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

トゥサンベアーズの2軍はハンファイーグルスと対戦し、アン・グォンス選手は途中出場。9回に打席に入り、結果はライトフライでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇6月12日(金)の結果

・LG 3- 2 ロッテ(チャムシル)

 勝:ソン ウンボム

 敗:パク チンヒョン

・SK 3- 6 KIA(インチョン)

 勝:ギャニオン

 敗:パク チョンフン

・ハンファ 2- 5 トゥサン(テジョン)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:チャド・ベル

・サムスン 中 止 KT(テグ)

 勝:

 敗:

・NC 2- 3 キウム(チャンウォン)

 勝:チョ サンウ

 敗:ペ ジェファン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。