7年目で初レギュラーのKTの外野手が12試合連続安打 走攻守で躍動<韓国KBOリーグ>

ペ・ジョンデ(写真:kt wiz)

27日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークのKTウィズ-KIAタイガースは5-0でKTが勝利。KTの7番ペ・ジョンデ選手は二塁打2本を含む、4打数3安打1打点と活躍。5月14日から続く、自身の連続試合安打を12に伸ばしました。

プロ7年目、24歳のペ・ジョンデ選手は昨年まで、主に守備固めで起用される外野手でした。しかし今年は打力がアップ。ここまで全19試合にセンターで先発出場し、打率3割8分5厘(リーグ4位タイ)を記録しています。

俊足が特徴のペ・ジョンデ選手は広い守備範囲を誇り、走塁でも能力を発揮。この日は3-0で迎えた7回裏1死、三塁走者のペ・ジョンデ選手は前進守備のショートへのゴロでホームに突入。完全にアウトのタイミングでしたが、捕手のミットをわずかにかわす、絶妙なヘッドスライディングで貴重な追加点を生み出しました。

強力なメンバーが揃うKT外野陣の中で、ポジションを自分のものにしたペ・ジョンデ選手。この日今季13打点目を挙げて、昨年までの6シーズン(兵役期間2シーズンを含む)で挙げた打点を上回っています。

◆「身長165cmのリトルファイター、通算1000安打達成」

KIAのキム・ソンビン内野手がKT戦の8回表、オドリサメル・デスパイネ投手からライト前ヒットを放って、KBOリーグ97人目の通算1000安打を達成しました。

プロ13年目、30歳のキム・ソンビン選手は高卒1年目から遊撃手として活躍。身長165cm体重77kgの小柄なファイターは、2017年に打率3割7分で首位打者を獲得しました。

ポジションがセカンドに移るという変化を迎えた今年、キム・ソンビン選手はここまで3割5分5厘という高打率をマークしています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

8回表の守備から4番キム・ジェファン選手に代わってレフトに入りました。試合はトゥサンベアーズが4-2でSKワイバーンズに勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月27日(水)の結果

・トゥサン 4- 2 SK(チャムシル)

 勝:ユ ヒグァン

 敗:ムン スンウォン

・KT 5- 0 KIA(スウォン)

 勝:デスパイネ

 敗:イム ギヨン

・ハンファ 4- 15 LG(テジョン)

 勝:チョン チャンホン

 敗:チャン ミンジェ

・ロッテ 1- 11 サムスン(プサン)

 勝:ウォン テイン

 敗:パク セウン

・NC 10- 3 キウム(チャンウォン)

 勝:イ ジェハク

 敗:ハン ヒョンヒ

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。