サイド右腕が8回1失点の好投でKIA3連勝 ロッテはイ・デホが3安打もホーム遠く<韓国KBOリーグ>

8回1失点で今季初勝利のイム・ギヨン(写真:KIAタイガース)

21日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドのKIAタイガース-ロッテジャイアンツは、KIAの先発イム・ギヨン投手が好投を見せました。

イム・ギヨン投手は1回表2死三塁で、ロッテの4番イ・デホ選手にライトへ先制タイムリーを喫するも、2回以降は横手からのチェンジアップで凡打を誘いました。

早いカウントで打者を処理していったイム・ギヨン投手は、8回90球を投げて無四球、5安打ピッチング。うち3本がイ・デホ選手に許したものですが、続く5番アン・チホン選手を2度の併殺打に封じ、ロッテ打線を初回の1点に抑えました。

試合は6-1でKIAが勝利し、イム・ギヨン投手は今季初勝利。KIAはロッテ相手に3連勝で貯金を1としました。敗れたロッテは4連敗で7勝7敗の勝率5割です。

◆「LGの高卒ドラ1がプロ初勝利」

サムスンライオンズ-LGツインズ(テグ)ではドラ1新人のイ・ミンホ投手が、3度目の登板でプロ初先発。5回1/3、86球を投げて被安打1、無失点と好投してプロ初勝利を挙げました。

しなやかな腕の振りから、切れのあるボールを投げ込むスリークォーター右腕のイ・ミンホ投手。落ち着いたマウンドさばきをみせる18歳が、今後も白星を重ねていくか楽しみです。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

8回表、2番キム・インテ選手に代わってレフトの守備に入りました。打席では4-12で迎えた9回裏、1死二、三塁の場面でショートゴロを放ち、三塁走者がホームに還って、プロ初打点を記録しています。試合は6-12でトゥサンベアーズがNCダイノスに敗れました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月21日(木)の結果

・トゥサン 6- 12 NC(チャムシル)

 勝:チャン ヒョンシク

 敗:イ ヒョンボム

・キウム 9- 8 S(コチョク)

 勝:チョ サンウ

 敗:キム ジュオン

・KT 4- 9 ハンファ(スウォン)

 勝:キム ボムス

 敗:ソ ヒョンジュン

・サムスン 0- 2 LG(テグ)

 勝:イ ミンホ

 敗:ウォン テイン

・KIA 6- 1 ロッテ(クァンジュ)

 勝:イム ギヨン

 敗:パク セウン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。