首位NCが6連勝 父が審判員の26歳が逆転3ラン含む4打点の活躍<韓国KBOリーグ>

逆転3ランを放ったカン・ジンソン(写真:NCダイノス)

17日の韓国KBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

ここまでの10試合を9勝1敗と好調のNCダイノスは、SKワイバーンズとインチョンで対戦。1-2で1点を追う3回表、2死一、三塁の場面で6番のカン・ジンソン選手が、SKの先発ペク・スンゴン投手からレフトに3ランホームランを放ち、4-2として逆転に成功しました。

カン・ジンソン選手は5回に犠牲フライを放ってこの日4打点。中盤以降、追加点を重ねたNCは11-5で勝利し、6連勝を飾りました。一方の敗れたSKは9連敗。11試合を終えて1勝10敗で最下位の10位です。

◆「決勝打を放った強打者の父は現役の審判員」

韓国には父が元プロ選手というプレーヤーが数名います。有名なところではイ・ジョンボムさん(現中日研修コーチ)の長男、イ・ジョンフ外野手(キウム)。また元ハンファ監督のユ・スンアンさんは息子2人、ユ・ウォンサン投手(KT)、ユ・ミンサン内野手(KIA)の兄弟が現役選手です。

この日、NCで決勝打を放ったカン・ジンソン選手(26)のお父さんも90年代にテピョンヤンドルフィンズ、サンバンウルレイダースでプレーした元外野手。引退後はKBOリーグの審判員に転身し、現在は審判委員会のチーム長を務めているカン・グァンフェさん(51)です。カン・グァンフェさんは現役の審判。2000試合以上をジャッジしたキャリアがあります。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

6回裏の守りから1番パク・コンウ選手に代わってライトの守備に入りました。6-1で5点リードの8回表、1死一塁で打席が回り、結果は三塁ゴロ併殺打でした。試合はトゥサンベアーズが6-4でKIAタイガースに勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。18日は試合がありません。

◇5月17日(日)の結果

・LG 4- 9 キウム(チャムシル)

 勝:ヨキッシュ

 敗:チャ ウチャン

・SK 5- 11 NC(インチョン)

 勝:ルチンスキ―

 敗:ペク スンゴン

・KT 9- 2 サムスン(スウォン)

 勝:デスパイネ

 敗:ライブリー

・ハンファ 5- 4 ロッテ(テジョン)

 勝:アン ヨンミョン

 敗:キム デウ

・KIA 4- 6 トゥサン(クァンジュ)

 勝:アルカンタラ

 敗:ブルックス

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。