元ヤクルト・ブキャナン、7回2安打無失点 8三振を奪って韓国初勝利<韓国KBOリーグ>

2度目の登板で韓国初勝利のデービッド・ブキャナン(写真:サムスンライオンズ)

13日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

コチョクスカイドームで行われたキウムヒーローズ-サムスンライオンズは、サムスンの先発、デービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)が韓国2度目の先発登板で初勝利を挙げました。

ブキャナン投手はキム・ハソン、イ・ジョンフ、パク・ピョンホ選手ら、代表チームメンバーが並ぶ強力なキウム打線に対し、1回表、2死一、二塁のピンチを招くも、5番パク・トンウォン選手から空振り三振を奪って、初回を無失点で切り抜けました。

すると2回以降のブキャナン投手はカン・ミンホ捕手との相性良く、140キロ台後半の直球とチェンジアップ、カーブとの緩急のバランスも抜群で、2~5回まで三者凡退ピッチングを続けました。

ブキャナン投手は7回101球を投げて散発の2安打、1四球。4番パク・ピョンホ選手から三振を2つ奪うなど、8三振を記録し、中軸打線にはヒットを許しませんでした。

一方、サムスン打線は2回に1点を先制するも、その後はブキャナン投手を援護できないまま試合が進みましたが、ブキャナン投手が降板した後の8回に3点、9回に1点を挙げて5-0として勝利を飾りました。サムスンは連敗ストップ、キウムの連勝は4で止まっています。

◆「ブキャナン投手、韓国生活もオッケー?」

日本で3年間プレーし、韓国にやってきたブキャナン投手。新たな環境でのプレーとなりますが、心強い存在がいます。ともに先発ローテーションを守るベン・ライブリー投手です。

ブキャナン、ライブリー両投手はフィリーズ傘下(リーハイバレー・アイアンピッグス)に在籍していた時のチームメイト。ロッカーも隣だったそうです。

野菜を中心としたヘルシー料理を好むブキャナン投手は、昨年途中から韓国で暮らすライブリー投手から、地元のお店情報も入手したようで、韓国生活に馴染むのに大きな力となっています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

8回表2死、ヒットで出塁した1番パク・コンウ選手に代わる走者として出場。そのままライトの守備に入りました。試合はトゥサンベアーズがロッテジャイアンツに9-10でサヨナラ負けしています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月13日(水)の結果

・LG 14- 2 SK(チャムシル)

 勝:イム チャンギュ

 敗:ピント

・キウム 0- 5 サムスン(コチョク)

 勝:ブキャナン

 敗:チェ ウォンテ

・ハンファ 3- 4 KIA(テジョン)

 勝:イ ミンウ

 敗:チャン シファン

・ロッテ 10- 9 トゥサン(プサン)

 勝:キム ウォンジュン

 敗:イ ヒョンボム

・NC 5- 4 KT(チャンウォン)

 勝:イム チャンミン

 敗:イ デウン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)