8番に座る眠れる主砲が8回に値千金の同点弾 KIAが接戦を制す<韓国KBOリーグ>

ナ・ジワン(写真:KIAタイガース)

12日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

ハンファ生命イーグルスパークで行われたハンファイーグルス-KIAタイガースの一戦はハンファがキム・ミンウ、KIAはアーロン・ブルックスの両先発投手が好投。5回を終わって両チーム得点なく、後半戦に突入します。

ハンファは6回裏に均衡を破って1-0に。ハンファの先発キム・ミンウ投手は7回の先頭打者にヒットを許すまで無安打ピッチングを続けました。

7回のキム・ミンウ投手はヒットと四球の後、5、6、7番にフォークを連投して三者連続の空振り三振に。この回限りでマウンドを降りました。キム・ミンウ投手は7回被安打1、無失点。奪った三振は8つでした。

1点リードを守りたいハンファは8回表の守りで、パク・サンウォン投手を2番手として投入するも、KIAはこの回の先頭打者、8番のナ・ジワン選手がカウント0-1からの2球目、真ん中高めの失投となった直球を逃さず、レフトへソロホームラン。1-1の同点としました。

KIAは9回にもハンファの3番手、抑えのチョン・ウラム投手から6番チャン・ヨンソク選手が犠牲フライを放って2-1とし、勝ち越しに成功。KIAは8、9回の限られたチャンスを生かして、4安打2得点でハンファに勝利しました。KIAは連勝、ハンファは4連敗です。

◆「主砲の復活を期待させる一発」

同点弾を放ったナ・ジワン選手は通算200本塁打を超す、プロ13年目を迎えた34歳の主砲。しかし昨季は飛ばないボール導入の影響もあって打率1割8分6厘、6本塁打と苦しみました。しかしこの日は貴重な一発を放って、今季の復活を期待させました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

6回表、ヒットで出塁した1番パク・コンウ選手の代走で出場。そのままライトの守備に入りました。8回表、この回の先頭打者としてロッテの5番手パク・シヨン投手と対戦。カウント3-2からの8球目を見逃し三振でした。試合は11-6でトゥサンがロッテに勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月12日(火)の結果

・LG 9- 5 SK(チャムシル)

 勝:チャ ウチャン

 敗:キンガム

・キウム 3- 2 サムスン(コチョク)

 勝:ヨキッシュ

 敗:ライブリー

・ハンファ 1- 2 KIA(テジョン)

 勝:チョン サンヒョン

 敗:チョン ウラム

・ロッテ 6- 11 トゥサン(プサン)

 勝:アルカンタラ

 敗:チャン ウォンサム

・NC 7- 6 KT(チャンウォン)

 勝:ウォン ジョンヒョン

 敗:リュ ヒウン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。