【プレミア12直前】韓国、プエルトリコに2戦連続の零封 気分よく本番に突入

2試合続けてプエルトリコのスコアに0を並べた韓国代表(写真:ストライク・ゾーン)

野球の国際大会「WBSCプレミア12」に出場する韓国代表は2日、韓国・ソウルのコチョクスカイドームでプエルトリコとの強化試合(評価戦)を行い、5-0で勝利。前夜に続く完封リレーで対戦を終えた。

この日の韓国は先発のパク・チョンフン(SK)を筆頭に、昨日登板のなかった計7投手がマウンドに上がり、2試合で投手13人全員が大会前の実戦登板を果たした。

「中南米のチームにはアンダースロー投手が有効」という韓国代表チームの「定説」からその刺客として代表入りした下手投げのパク・チョンフンは3回を投げ2安打無失点。プエルトリコの打者は地面スレスレから浮き上がる見慣れない球筋に凡打を重ねた。

4回以降は6投手が1イニングずつ登板。2番手のムン・ギョンチャン(KIA)が先頭打者にヒットを許すも後続を抑え、以後、イ・スンホ(キウム)、ハ・ジェフン(SK)、ハム・ドクチュ、イ・ヨンチャン(ともにトゥサン)、チョ・サンウ(キウム)はヒットを1本も与えず、プエルトリコ打線を封じた。

圧巻だったのは9回に登板した7番手のチョ・サンウ。最速151キロのストレートを主体に三者連続の見逃し三振で試合を締めた。

一方、打線はベストメンバー9人が名を連ね、中でも9番に入ったミン・ビョンホン(ロッテ)が活躍。3回に先制タイムリーを放つと、5回にはレフトに一発を放り込んだ。

また2番キム・ハソンは3回にピッチャー強襲の2点タイムリーヒットを放つと、すぐさま盗塁を成功させ、持ち前の積極性を発揮した。

24歳のキム・ハソンは2年前の2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)、同年秋のアジアプロ野球チャンピオンシップに続いての代表入り。初めて対戦する投手がほとんどとなる国際大会での対処法についてこう話した。

「それぞれの投手の球種と決め球さえわかれば初めて見るピッチャーでも、直球を待っていれば対応できる。KBOが各国の投手の映像を準備してくれているのでそれも参考にしている」

プエルトリコとの2試合の強化試合で韓国は投打ともに順調な姿を見せ、キム・ギョンムン監督が試したかった複数ポジションを守る選手のチェックも完了し、気分良く大会に入ることができた。

グループCは6日に開幕。韓国は同日オーストラリアと初戦を迎える。

(関連項目)プレミア12 日程と結果 韓国代表選手一覧