NCの7月途中入団の両助っ人が大活躍 完封&2打席連続アーチ<韓国KBOリーグ>

完封のフリードリックと2打席連続弾のスモリンスキー(写真:NCダイノス)

18日の韓国KBOリーグは3試合がナイトゲームで行われました。

インチョンSK幸福ドリーム球場のSKワイバーンズ対NCダイノスはNCが2回表、6番ジェイク・スモリンスキー選手のレフトへの7号ソロで先制。

スモリンスキー選手は4回にもランナーを二塁に置いて、2打席連続となる8号2ランを放ち、NCは3-0とリードを広げました。さらにNCは5、6回にも追加点を挙げて6-0として試合を優位に進めていきます。

NCの先発、左腕のクリスチャン・フリードリック投手は3回裏、2死満塁のピンチを切り抜けると、その後は安定感のあるピッチング。打線の援護をバックに9回117球を投げ、被安打5。SK打線を0点に抑えて、7勝目を初完封で飾りました。

スモリンスキー選手、フリードリック投手は共に7月にチームに加わった途中入団の選手。シーズン終盤にきて、チーム合流当初のような活躍を見せ始めました。

現在5位のNCはこのまま順位をキープすればポストシーズンに進出します。両助っ人が短期決戦でも結果を残すと、NCにとって大きな力となるでしょう。

◆「ペゲーロ、4戦連続弾」

16日に3試合連続ホームランを記録した、LGツインズのカルロス・ペゲーロ選手が、18日のサムスンライオンズ戦(ポハン)で8号ソロを放ち、連続試合ホームランを4試合に伸ばしました。

(関連記事:ペゲーロ(元楽天)本領発揮の3戦連続弾 チーム4連勝中10打点をマーク

4位のLGは4-3で勝利し5連勝。試合がなかった3位トゥサンベアーズとのゲーム差を3.5に縮めています。

以下が3試合の結果です。

◇9月18日(水)の結果

・SK 0- 6 NC(インチョン)

 勝:フリードリック

 敗:ソーサ

・サムスン 3- 4 LG(ポハン)

 勝:ウィルソン

 敗:ペク チョンヒョン

・KIA 6- 5 ロッテ(クァンジュ)

 勝:ホン ゴンヒ

 敗:チン ミョンホ

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。