ペゲーロ(元楽天)本領発揮の3戦連続弾 チーム4連勝中10打点をマーク<韓国KBOリーグ>

7号2ランを放ったカルロス・ペゲーロ(写真:LGツインズ)

韓国KBOリーグは雨天中止分を試合編成し、月曜日の16日も3試合が行われました。

スウォンKTウィズパークのKTウィズ対LGツインズはLGが4-2で勝って4連勝。

LGは1-1で迎えた5回表、1死一塁で3番のカルロス・ペゲーロ選手が右中間の上段へ勝ち越しの7号2ランを放ち、この一打が決勝打となっています。

ペゲーロ選手は3試合連続ホームラン。3日続けて3打点を記録し、チームの4連勝中に10打点を挙げるなど、9月に入ってからの16打点はリーグトップです。

連日の猛打賞で5試合連続安打のペゲーロ選手、9月の打率は3割5分6厘と好成績をマーク。

シーズン途中の7月16日にLG入りしたペゲーロ選手は期待された一発がなかなか出ず、チーム内に獲得を疑問視する声もありましたが、ここにきて本領を発揮しています。

この日、3位トゥサンベアーズが2位のキウムヒーローズに敗れて3連敗を喫したため、4位のLGは3位とのゲーム差を4に縮めました。

◆「ポストシーズンの日程は今後発表」

残り試合が最も少ないキウムは5試合、最も多いトゥサンが11試合とシーズンは佳境に入りました。しかし上位5チームが出場するポストシーズンの日程はまだ発表になっていません。

例年、公式戦の進行状況に合わせて発表されるポストシーズンの日程。今年は11月6日からプレミア12が行われるため、約1か月を要するポストシーズンは10月上旬にスタートの見込みです。

以下が3試合の結果です。

◇9月16日(月)の結果

・トゥサン 3- 6 キウム(チャムシル)

 勝:ヨキッシュ

 敗:リンドブロム

・KT 2- 4 LG(スウォン)

 勝:イム チャンギュ

 敗:キム ミンス

・サムスン 1- 11 ハンファ(テグ)

 勝:キム イファン

 敗:チョン インウク

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。