SKの先発ソーサ8連勝 昨夏、輝星からヒットの高卒新人がプロ初打点<韓国KBOリーグ>

プロ初打点を記録したキム・チャンピョン(写真:SKワイバーンズ)

21日の韓国KBOリーグは2試合が雨で中止となり、3試合がナイトゲームで行われました。

インチョンSK幸福ドリーム球場で行われたSKワイバーンズ対ロッテジャイアンツ、SKは6月にチームに加わり7連勝中のヘンリー・ソーサ投手が先発マウンドに上がりました。

ソーサ投手は6回1/3を投げて被安打6、失点3。6回までに味方が5点を挙げ、勝利投手の権利を手にしてマウンドを降りました。

8勝目を挙げたヘンリー・ソーサ(写真:SKワイバーンズ)
8勝目を挙げたヘンリー・ソーサ(写真:SKワイバーンズ)

SKは5-3の2点リードで迎えた9回表、クローザーのハ・ジェフン投手(元ヤクルト)が登板。3本のヒットを喫し1点差に迫られましたが、なんとかピンチを切り抜けてゲームセット。

ソーサ投手はこれで8連勝。ハ・ジェフン投手は球団記録に並ぶ30セーブ目を挙げました。敗れたロッテは5連敗です。

◆「U18で輝星からバントヒットの新人が初打点」

SKは新人のキム・チャンピョン内野手が8番セカンドでプロ4試合目の出場。3打席目、2死三塁の場面でセンター前ヒットを放ち、プロ初打点を記録しました。

キム・チャンピョン選手は高校3年生だった昨年夏、BFA U18アジア選手権に韓国代表として出場。韓国戦に先発した日本の吉田輝星投手(現日本ハム)が喫した2本のヒットのうちの1本がキム・チャンピョン選手の一塁前へのバントヒットでした。

もう1本のヒットはキム・デハン選手(現トゥサン)選手が初回に放った3ランで、この一打が決勝打となって韓国は3-1で日本に勝利しています。

以下が全5試合の結果です。

◇8月21日(水)の結果

・LG 6- 4 KIA(チャムシル)

 勝:キム デヒョン

 敗:イム ギヨン

・SK 5- 4 ロッテ(インチョン)

 勝:ソーサ

 敗:パク セウン

・KT 1- 8 キウム(スウォン)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:イ ジョンヒョン

・ハンファ 中 止 サムスン(テジョン)

 勝:

 敗:

・NC 中 止 トゥサン(チャンウォン)

 勝:

 敗:

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。