LGペゲーロ(元楽天) 16試合目で初のアーチが決勝打に<韓国KBOリーグ>

カルロス・ペゲーロ(写真:LGツインズ)

11日の韓国KBOリーグは全5試合が行われました。

チャムシル球場で行われたLGツインズ対SKワイバーンズは4-3でLGが勝利。

LGは2-2で迎えた4回裏1アウトで6番のカルロス・ペゲーロ選手(元楽天)が、SKの先発、アンダースローのパク・チョンフン投手からライトへソロホームラン。1点を勝ち越したLGはその後もリードを守り、ペゲーロ選手の一打が決勝打となりました。

7月16日にLG入りしたペゲーロ選手はこの日の一発がKBOリーグでの初ホームラン。長打力を期待されている助っ人に、16試合目で待望の初アーチが飛び出しました。

(関連記事:元楽天のペゲーロ、LGと契約。故障離脱中のジョセフと入れ替え

◆「パク・ピョンホ、通算1000安打」

コチョクスカイドームではキウムヒーローズのパク・ピョンホ選手が6回に21号ソロホームランを放って、これが自身通算1000安打となりました。

パク・ピョンホ選手は7回にも2打席連続となる2ランを放ち、リーグトップのジェイミー・ロマック選手(SK)に1本差に迫る22本に。2位タイとしています。試合はトゥサンに喫した序盤の大量失点が響き、キウムが7-12で敗れました。

以下が全5試合の結果です。

◇8月11日(日)の結果

・LG 4- 3 SK(チャムシル)

 勝:チャ ウチャン

 敗:パク チョンフン

・キウム 7- 12 トゥサン(コチョク)

 勝:リンドブロム

 敗:ヨキッシュ

・KT 4- 6 ハンファ(スウォン)

 勝:キム ボムス

 敗:イ ジョンヒョン

・サムスン 5- 4 KIA(テグ)

 勝:チャン ピルチュン

 敗:ムン ギョンチャン

・NC 9- 1 ロッテ(チャンウォン)

 勝:フリードリック

 敗:チャン シファン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。