元楽天のペゲーロ、LGと契約。故障離脱中のジョセフと入れ替え

LGと契約した元楽天のカルロス・ペゲーロ(写真:LGツインズ)

LGツインズは10日、新外国人選手として元楽天のカルロス・ペゲーロ選手と契約を結んだと発表した。契約内容は年俸15万ドル(約1,620万円)プラス、出来高3万ドル(約324万円)。

ペゲーロは2016年途中から3シーズン、楽天に在籍した左打者。2年目の17年には120試合に出場し、打率2割8分1厘、26本塁打、75打点を記録している。

[映像]カルロス・ペゲーロの入団コメント(LGTWINSTV)

LGは今年、年俸と契約金を合わせた総額100万ドル(約1億800万円)でトミー・ジョセフ内野手を獲得。開幕から4番一塁手として出場するも、4月中旬に腰椎椎間板ヘルニアで戦線を離脱。5月に入って復帰するも、先月下旬に再び登録抹消となり、LGは新たな助っ人打者の獲得を模索していた。

長距離砲として期待されていた右打者のジョセフは、55試合で打率2割7分4厘、ホームランは9本。得点圏打率は2割6分3厘だった。

現在LGは4位につけるも、得点数はリーグ最下位。5位以上が進出出来るポストシーズンを目指す上で、得点力のアップが求められていた。

KBOリーグは外国人枠が3人に定められ、LGは今回のペゲーロの獲得により、ジョセフをウエーバー公示申請した。

LGのチャ・ミョンソク団長(GM)はペゲーロの獲得理由について、球団を通して以下のようにコメントしている。

「ペゲーロはパワーがあってファーストも守れる外野手だ。日本の野球を経験している点も含めて、チームに大きくプラスになると期待している」

楽天とLGに所属したことがある選手では、15年途中から3シーズンLGでプレーし、今年楽天入りした内野手、ルイス・ヒメネスなどがいる。

(関連記事:ロマック(元DeNA)とハ・ジェフン(元ヤクルト)、韓国オールスターでファン投票初選出

<カルロス・ペゲーロ (CARLOS PEGUERO) 左投げ左打ち。身長196cm、体重117kg。メジャーリーグではマリナーズ、ロイヤルズ、レンジャーズ、レッドソックスでプレー。1987年2月22日生まれ、ドミニカ共和国出身の32歳>