ロッテ浦和で研修中の韓国長身右腕に日本人にはない「伸びしろ」

千葉ロッテ2軍で研修中のユン・ソンビン(写真:ストライク・ゾーン)

5月16日から千葉ロッテの2軍施設、埼玉県のロッテ浦和球場で韓国・ロッテジャイアンツのイ・ヨンフン2軍投手コーチ(41)とユン・ソンビン投手(20)が技術の向上と体力強化を目的に研修を行っている。

(関連記事。ユン・ソンビンの成績など:韓国ロッテのエース候補生 千葉ロッテで研修へ

ユン・ソンビンは日本での研修について「課題の制球力アップのために、清水(直行)コーチから投球フォームのバランスについてアドバイスを受けている。他の選手たちが一生懸命やっている姿は刺激になる」と話す。

身長197センチ、体重90キロ。遠くからでも目を引くその姿に菊地大祐2軍ストレングスコーチは「日本人にはないサイズ。長い手足は魅力的で体力の伸びしろがある」と語る。

長い手足が目を引くユン・ソンビン(左)。右は投球中の島孝明(写真:ストライク・ゾーン)
長い手足が目を引くユン・ソンビン(左)。右は投球中の島孝明(写真:ストライク・ゾーン)

菊地コーチはユン・ソンビンの課題として「下半身を使うのがあまり得意ではなく、十分に体を使い切れていない」とし、「それでも速い球が投げられているので磨いたらもっと良くなる」と話した。

菊地コーチとユン・ソンビンは今回の研修期間の目標に「お尻周りの筋肉を鍛えて力を上半身に伝える」ことを掲げた。

ユン・ソンビンはプロ1年目を右肩の治療に費やしたこともあり、下半身強化によって「肩、ひじへのストレスを減らせる(菊地コーチ)」効果もある。

イ・ヨンフンコーチとユン・ソンビンの研修は6月3日まで予定されている。

<ロッテジャイアンツの現況>

現在、韓国ロッテは54試合を終えて(144試合制)19勝35敗、勝率3割5分2厘で首位と16.5ゲーム差の最下位10位。チーム防御率もリーグワーストの6.06だ。

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

画期的な試みとなったシーズン中のコーチと選手の研修派遣だが、一方でファンからは成績不振もあって批判の声も上がっている。