韓国ロッテのエース候補生 千葉ロッテで研修へ

ロッテジャイアンツの右腕ユン・ソンビン(写真:ストライク・ゾーン)

ロッテジャイアンツは14日、イ・ヨンフン2軍投手コーチ(41)とユン・ソンビン投手(20)が千葉ロッテで研修を行うと明らかにした。また千葉ロッテからも発表があった。期間は6月3日までの約3週間。千葉ロッテの2軍施設、浦和球場を中心に技術の向上と体力強化を目的に行われる。

ユン・ソンビンは2017年にドラフト1次指名でロッテに入団。プロ1年目は右肩の治療、回復に努め、2年目の昨季は18試合に登板し、うち10試合で先発マウンドに上がり2勝5敗、防御率6.39だった。

長身からの140キロ台後半の速球、フォークボールを決め球に昨季は50回2/3を投げ、65個の三振を奪ったユン・ソンビン。今年から背番号が69から18に変わり、先発投手として大きな期待を背負っている。

ユン・ソンビンは今年2月の沖縄キャンプで自身の課題にコントロールを挙げた。

「コントロールを良くするためにフォームを安定させたいが、体力が落ちてくるとフォームが一定ではなくなってくる。先発で投げられるスタミナをつけたい」

2019年のシーズンの目標を「一軍の先発エントリーを維持すること」と話したユン・ソンビン。今季の初登板はチームの開幕5戦目、3月28日のサムスンライオンズ戦での先発だったが、打者4人に対し3つの四球。1/3回を3失点で負け投手となっている。ストライクとボールがはっきりし、暴投で走者の進塁を許すなど制球難を露呈する結果となった。

初登板後に登録抹消となったユン・ソンビンはここまでファームでの調整が続き、2軍での成績は6試合0勝3敗、防御率4.50だ。

エース候補生への期待は大きい。左から野球解説者のイ・サンフン氏(元中日。当時の登録名はサムソン・リー)、パク・チェホン氏、ヤン・サンムン監督(写真:ストライク・ゾーン)
エース候補生への期待は大きい。左から野球解説者のイ・サンフン氏(元中日。当時の登録名はサムソン・リー)、パク・チェホン氏、ヤン・サンムン監督(写真:ストライク・ゾーン)

身長197センチ、体重90キロ。すらりと伸びた長い足に涼し気な目元。地元プサン出身のスター性のあるエース候補生にファンの注目、期待は大きい。今回の千葉ロッテでの研修でユン・ソンビンは飛躍へのきっかけをつかむか。

(関連記事:「今江さん西岡さん覚えてますか?」 12年前に千葉ロッテキャンプ参加の若手が32歳でサムスンの4番に