「今江さん西岡さん覚えてますか?」 12年前に千葉ロッテキャンプ参加の若手が32歳でサムスンの4番に

千葉ロッテのキャンプに派遣された頃のイ・ウォンソク(写真:ストライク・ゾーン)

サムスンライオンズは昨季まで2年連続3割30本120打点を記録した主砲のダリン・ラフが、左太もも内側の筋肉の損傷で先月25日に登録を抹消。ラフが復帰するまでの間、4番にはプロ15年目の三塁手イ・ウォンソクが座っている。

(関連記事:2年連続3割30本のラフ、来季もサムスンでプレー

イ・ウォンソクは現在、打率3割2厘、25打点、ホームランはリーグ2位タイの7本を記録。初の打率3割、20本塁打をマークした昨年を境に、32歳にして全盛期を迎えている。ゆったりとした構えから鋭いスイングを見せ、相手投手の低めへの決め球を数多く仕留めている右のスラッガーだ。

現在のイ・ウォンソク(写真:サムスンライオンズ)
現在のイ・ウォンソク(写真:サムスンライオンズ)

イ・ウォンソクは2017年にFA権を行使してトゥサンベアーズからサムスンに移籍。FA移籍というとチームの主軸という印象があるが、トゥサンでのイ・ウォンソクは選手層が厚いチームで内野の複数のポジションをこなすマルチプレーヤーとして起用された。サムスン入り以前の12年間(軍入隊期間を含む)で規定打席に到達したのは07、09年の2度だけだった。

その最初の規定打席到達を果たした07年。当時、ロッテジャイアンツに所属していたイ・ウォンソクは20歳で迎えた春季キャンプをチームメイトとは別の場所で過ごした。千葉ロッテのキャンプへの1ヶ月間の派遣だ。

韓国のロッテと千葉ロッテは以前、定期的な選手の交流を行い、1998年から毎年、韓国側の有望な若手選手が千葉ロッテのキャンプに参加していた。07年はイ・ウォンソクと外野手のイ・スンファ(のちに改名しイ・ウミン。現2軍コーチ)が千葉ロッテのオーストラリア・ジーロングでのキャンプに派遣された。

千葉ロッテのキャンプに派遣された頃、20歳のイ・ウォンソク(写真:ストライク・ゾーン)
千葉ロッテのキャンプに派遣された頃、20歳のイ・ウォンソク(写真:ストライク・ゾーン)

先日、イ・ウォンソクとその12年前の話になった。

「懐かしいですね。今江(年晶。当時は敏晃)選手にはとてもよく気を遣ってもらいました。今は楽天ですよね。西岡(剛)選手はスターのオーラがすごくて、気軽に声を掛けられなかったのを思い出します」

イ・ウォンソクにとって今江は3つ、西岡は2つ年上。30代となった今ではその差は大きく感じないが、当時の今江と西岡は既にWBCで活躍するなど、日本を代表する内野手として確固たる地位を築いていた。

一方のイ・ウォンソクは高卒2年目の前年に初めて年間通して1軍に定着。これからレギュラーをつかもうかというイ・ウォンソクにとって、今江と西岡はまぶしい存在だった。

「西岡選手に会いたいです。もし西岡選手に会うことがあったら、会いたいと言っていたと伝えてください」

イ・ウォンソクは目を輝かせながらそう言った。チームの中心打者となり風格も出てきたイ・ウォンソク。今なら物おじせずに西岡と話が出来る。ただイ・ウォンソクは西岡が昨秋阪神を自由契約となり、独立リーグのルートインBCリーグ・栃木でプレーしていることを知らなかった。

「またどこかのチームに戻って、そこで会えますかね」

そう言った後、イ・ウォンソクは少し不安そうにこう口にした。

「あっ、でも僕の事覚えているかな?」

その表情は20歳の頃のようにあどけなかった。

今江選手、西岡選手、彼のこと覚えていますか?イ・ウォンソク選手は30代になって主軸としてチームを引っ張っています。