ロッテ、イ・デホのV打で連敗を6でストップ ウィーランド(元DeNA)は初黒星<韓国KBOリーグ>

先制タイムリーを放ったイ・デホ(写真:ロッテジャイアンツ)

16日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

プサンサジク球場では6連敗中のロッテジャイアンツと連勝中のKIAタイガースが対戦。

試合はKIAが3回に、ロッテが5回にそれぞれ7点を挙げ、ビッグイニングを作っての点の取り合いに。

ロッテはその5回の攻撃で3-7から7-7の同点とした後、2死満塁で4番のイ・デホ選手がKIAの3番手コ・ヨンチャン投手から左中間へ走者一掃の二塁打。10-7と勝ち越しに成功しました。イ・デホ選手は初回の先制タイムリーに続く、この日4打点目となりました。

KIAは8回に2点を挙げて1点差に追い上げるも及ばず、10-9でロッテが勝利。ロッテは連敗を止めました。

この日、KIAの先発は2勝を挙げているジョー・ウィーランド投手(元DeNA)でしたが、4回2/3を投げて被安打13、失点9で今季初黒星となりました。

(関連記事:元DeNA・ウィーランド、2度も打球直撃も7回1失点の好投。チームはサヨナラ勝ち

以下が全5試合の結果です。

◇4月16日(火)の結果

・トゥサン 8- 3 SK(チャムシル)

 勝:リンドブロム 敗:チョン ヨンイル

・KT 4- 2 ハンファ(スウォン)

 勝:クエバス 敗:サーポルト

・サムスン 0- 4 キウム(ポハン)

 勝:アン ウジン 敗:マグワイア

・ロッテ 10- 9 KIA(プサン)

 勝:パク クンホン 敗:ウィーランド

・NC 2- 7 LG(チャンウォン)

 勝:コ ウソク 敗:ペ ジェファン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています