イ・デウン(元千葉ロッテ)またも強運 降板後にチームリーダーが逆転V弾<韓国KBOリーグ>

逆転3ランを放ったパク・キョンス内野手(写真:kt wiz/初報から差し替え)

13日の韓国KBOリーグは全5試合が17時からのナイトゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークでのサムスンライオンズKTウィズはイ・デウン投手(KT)が今季4度目の先発登板。この日も5回を持たず3点のビハインドで降板するも、6回に味方が逆転しKTがそのまま勝利。イ・デウン投手に勝ち負けはつきませんでした。

イ・デウン投手はこの日も味方のエラーをきっかけに初回に失点し、その後はボールが先行する場面が目立ちました。内容は4回1/3を投げ97球、被安打5、四死球5。失点3、自責点は2でした。

4回にはかつてカブス傘下で共にプレーした1歳年下のイ・ハクチュ選手にソロアーチを喫しています。

試合はイ・デウン投手が降板した後の6回表、KTは6番のパク・キョンス選手が無死二、三塁でセンターへ逆転の3号3ランホームラン。この回5点を挙げたKTがそのまま逃げ切って勝利しました。

パク・キョンス選手はイ・デウン投手の前回7日の登板でも逆転の決勝アーチを放ち、イ・デウン投手の負けを消しています。イ・デウン投手の成績は変わらず0勝1敗です。

(関連記事:イ・デウン(元千葉ロッテ)3戦続けて序盤に失点も味方が逆転勝ちし勝敗つかず

(関連記事:イ・デウン(元千葉ロッテ)韓国2戦目も序盤に失点重ね、4回7失点で初黒星

(関連記事:イ・デウン(元千葉ロッテ)韓国デビュー戦は3発被弾し5回7失点

以下が全5試合の結果です。

◇4月13日(土)の結果

・LG 5- 2 トゥサン(チャムシル)

 勝:チン ヘス

 敗:ユ ヒグァン

・キウム 5- 3 ハンファ(コチョク)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:キム ミンウ

・SK 4- 6 KIA(インチョン)

 勝:ヤン スンチョル

 敗:キム テフン

・サムスン 3- 5 KT(テグ)

 勝:チュ グォン

 敗:イ スンヒョン

・NC 7- 5 ロッテ(チャンウォン)

 勝:チャン ヒョンシク

 敗:ク スンミン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。