【11日の見どころ】中日-ハンファ/ハ・ジュソク「(高橋)周平がキャプテンなんでしょ?」

キャンプで打撃練習を行うハンファの遊撃手ハ・ジュソク(写真:ストライク・ゾーン)

2月1日にスタートした春季キャンプはいよいよ実戦に突入。11日、東京ヤクルト-KIA(浦添)、中日-ハンファ(北谷)、北海道日本ハム-NC(米・スコッツデール)の3試合を皮切りに、今年は日韓での練習試合が1、2軍合わせて23試合予定されている。

(関連記事:12球団のキャンプ日程が出揃う 韓国球団との練習試合は23試合

中日と対戦するハンファイーグルスは野手の主力にキム・テギュン(36、元千葉ロッテ)、チョン・グンウ(36)、イ・ヨンギュ(33)ら代表経験のある選手が揃う一方で、彼らを脅かすような若手の不在が課題だ。

そんな中で数少ない20代のレギュラー選手、ショートのハ・ジュソク(24)への期待は大きい。

2017年の臨時コーチ以来、2シーズンぶりにハンファに加わった田辺徳雄打撃コーチ(52、前埼玉西武監督)は、「ハ・ジュソクの去年の成績を見るとよくなかったんだね。持っている能力からしたら3割20本くらい打たないと」と話す。

選手にアドバイスを送る田辺徳雄打撃コーチ(写真:ストライク・ゾーン)
選手にアドバイスを送る田辺徳雄打撃コーチ(写真:ストライク・ゾーン)

(関連記事:西武元監督の田辺徳雄氏、ハンファの打撃コーチに就任

(関連記事:お手本は秋山翔吾? ハンファ田辺徳雄コーチの下で一軍目指す25歳

ハ・ジュソクはレギュラーになって3年目の昨季、141試合に出場、打率2割5分4厘、9本塁打、52打点。前年の2割8分5厘から数字を下げた。

「去年はダメだったから気分を変えたかった」とハ・ジュソクは今年から背番号を16から1に変更。新たな気持ちで今季に臨む。

「今年から“シュウヘイ”がキャプテンになったんでしょ?すごいなぁ」

ハ・ジュソクは自らそう切り出した。シュウヘイとは高校時代の2011年、代表選手としてAAAアジア野球選手権で対戦した高橋周平(中日)のことだ。

「ようやくレギュラーになったんですね」

そう言って盟友の活躍を喜んだハ・ジュソク。キャンプでの実戦では高橋に刺激を受けるハ・ジュソクを筆頭に、20代の飛躍が求められている。

一方の投手陣。昨季のハンファはリリーフ陣の活躍もあり10球団中の3位で11年ぶりのポストシーズン進出を果たした。

しかし先発投手の駒は足りず、外国人投手は2人とも新加入の選手と現時点では計算が立たない状況だ。

中日戦での投手起用についてソン・ジンウ投手コーチ(52)は、先発に昨季5勝9敗のキム・ミンウ(23)以下、左のパク・チュホン(19)、サイドスローのソ・ギュン(27)、新人のキム・イファン(18)、チョン・イファン(18)らが登板すると明かした。

キム・ミンウは身長189センチ、体重105キロ。恵まれた体格から140キロ台中盤の直球とチェンジアップ、スライダー、カーブなどを持ち球にする右腕だ。

ソン・ジンウコーチはキャンプでの投手陣のテーマとして「1軍で必要なのは正確なコントロール。パワーやスピードよりも制球力に重点を置いている。それと故障を未然に防ぐこと」と話した。

中日-ハンファは11日の午後1時から中日のキャンプ地・北谷公園野球場で行われる予定だ。