西武前監督の田辺徳雄氏、ハンファの打撃コーチに就任<韓国KBOリーグ>

2017年のハンファ春季キャンプ時の田辺徳雄氏(写真:ストライク・ゾーン)

ハンファイーグルスは2日、2016年まで埼玉西武で監督を務めた田辺徳雄氏(52)の打撃コーチ就任を発表しました(追記:西武球団から現職の球団本部チームアドバイザーのまま派遣)。

田辺コーチは2017年にハンファと西武の人的交流の一環で、ハンファの春季キャンプとシーズン中の2度、打撃インストラクターとしてチームに合流したことがあります。

ハンファは田辺コーチについて、選手、指導者としての豊富な経験を高く評価。また一昨年、打撃インストラクターを務めたことからハンファのチーム事情を把握していることを人選の理由としています。

昨季のハンファの打撃部門は、現役時代にハンファでホームランバッターとして活躍したチャン・ジョンフンヘッドコーチ(50)が打撃コーチを兼任。しかし今季はヘッドコーチに専任することから、日本人を軸に新たな打撃コーチを模索していました。

ハンファは昨季から球団OBのハン・ヨンドク監督(53)が指揮を執り、チームは11年ぶりのポストシーズン進出となる3位の好成績を残しました。

ハンファには2010、11年に千葉ロッテでプレーしたキム・テギュン内野手(36)が在籍。また昨季限りで阪神を退団となったウィリン・ロサリオ内野手(29)が2016年から2年間所属したチームです。

2019年シーズン、KBOリーグで外国人コーチとして活動する日本人はKIA・正田耕三打撃コーチ(57)、サムスン・落合英二投手コーチ(49)、そして今季、韓国球界に復帰するLG・芹澤裕二バッテリーコーチ(50)とハンファ入りが決まった田辺コーチの4名が予定されています。