KIA新加入の元DeNA・ウィーランド 安定感に正田耕三コーチも「エエよ」

元横浜DeNAで現KIAのジョー・ウィーランド(写真:ストライク・ゾーン)

沖縄・金武町でキャンプを行っているKIAタイガース。KIAは久米島での1次キャンプから移動してくる東北楽天にグラウンドを一旦明け渡すため、しばらくは練習試合中心のスケジュールとなる。9日は実戦突入前、最後の練習日となった。

(関連記事:12球団のキャンプ日程が出揃う 韓国球団との練習試合は23試合

ブルペンでは昨年まで2年間横浜DeNAでプレーしたジョー・ウィーランド(29)がこのキャンプ5度目の投球を行った。

カーブ、チェンジアップなどの変化球を交えた43球(しかし本人は日本語で「ヨンジュウヨン」と説明)はいずれも低めにコントロールされ、順調ぶりをアピール。

ウィーランドは投球後、明るい表情で「コンディションは良い。日本で得たことを韓国でも生かしたい」と話した。

また日本のファンに向けて「ベイスターズのファンはとても愛してくれた。私も今でもベイスターズファンのことが好き」と笑顔を見せた。

KIAで打撃コーチを務める正田耕三コーチ(57)はウィーランド獲得を検討する際に球団から意見を求められたという。

正田コーチは「日本の関係者、誰に聞いても“ウィーランドはいい”と言っていた。セ・リーグの球団の編成部長は“絶対とった方がいいですよ”と勧めていたよ」と話す。

実際にウィーランドの投球を見た正田コーチは、「エエよ。カーブがいい」と笑みを浮かべた。

選手にアドバイスを送る正田耕三コーチ(写真:ストライク・ゾーン)
選手にアドバイスを送る正田耕三コーチ(写真:ストライク・ゾーン)

(関連記事:KIA・正田耕三コーチ留任 韓国6年目のシーズンに

KIAは一昨年、ヘクター・ノエシが20勝を挙げてチームの8年ぶりの優勝に貢献。昨季も11勝するも再契約には至らず、今年はヘクターを含む投手2人、野手1人のすべての外国人選手が入れ替えとなった。

KIAは近年、外国人選手の活躍例が多く、NPB出身者では過去に2009年のリック・ガトームソン(元ヤクルトなど)が13勝を挙げている。

昨季の5位から王者奪還を目指すKIA。ウィーランドにはこれまでの助っ人投手のように先発として勝ち星を重ねることが期待されている。