KIA・正田耕三コーチ留任 韓国6年目のシーズンに<韓国KBOリーグ>

試合前、選手にトスを上げるKIA・正田耕三コーチ(写真:ストライク・ゾーン)

KIAタイガースは7日、今季のコーチングスタッフを発表しました。1軍打撃部門は正田耕三コーチ(57)が留任。正田コーチは今季でKIA3年目、韓国通算6年目となります。

現役時代、広島で活躍した正田コーチは1998年限りで引退後、指導者生活をスタート。広島、大阪近鉄、阪神でコーチを歴任し、2009年にSKワイバーンズの2軍総合コーチ(シーズン途中から1軍打撃コーチ)として韓国球界入りしました。

翌10年から2年間、岡田彰布監督率いるオリックスで打撃コーチを務めた後、15年からは韓国2球団目となるハンファイーグルスのコーチに就任。17年からKIAに在籍しています。

アメリカ同様にコーチが打撃投手を務めることもある韓国。正田コーチも打者たちに熱のこもったボールを投じる(写真:ストライク・ゾーン)
アメリカ同様にコーチが打撃投手を務めることもある韓国。正田コーチも打者たちに熱のこもったボールを投じる(写真:ストライク・ゾーン)

正田コーチの韓国球界との接点は09年当時、SKを率いていた日本出身のキム・ソングン監督(現福岡ソフトバンクコーチングアドバイザー)からの要請で、15年に韓国復帰した時の監督もキム・ソングンさんでした。

現在、正田コーチが所属するKIAで指揮を執るのはキム・ギテ監督(49)。現役引退後、阪神、巨人でのコーチ研修を経て、巨人では2軍コーチに就任し、イースタン・リーグ混成チームのフューチャーズで監督も務めました。キム・ギテ監督は日本人指導者の考え方や能力を理解している野球人の1人です。

キャンプで再会した坂本勇人(巨人)と談笑するキム・ギテ監督(写真:ストライク・ゾーン)
キャンプで再会した坂本勇人(巨人)と談笑するキム・ギテ監督(写真:ストライク・ゾーン)
阿部慎之助(巨人)との再会を抱き合って喜ぶキム・ギテ監督(写真:ストライク・ゾーン)
阿部慎之助(巨人)との再会を抱き合って喜ぶキム・ギテ監督(写真:ストライク・ゾーン)

韓国の監督は自分より年下のコーチを揃えることが多く、外国人コーチを招く際も年齢が人選のポイントになります。キム・ギテ監督と正田コーチの場合、正田コーチが8学年上ですが、この両者はバッティングに対する意識、特に下半身の使い方などの考え方が近いことから、連携が図れています。

ディフェンディングチャンピオンとして昨季を迎えたKIAは5位でシーズンを終えました。主力打者に30代が多いKIA攻撃陣に求められるのは若手のレベルアップ。正田コーチは2月1日から始まる沖縄・金武町での春季キャンプでチームの課題と向き合います。