38歳トンプソン ルーク日本最後の試合。「言葉にならない」言葉とは。【ラグビー旬な一問一答】

いつでもタフだった(写真は著者撮影)

 ラグビー日本代表としてワールドカップに4大会連続で出場したトンプソン ルークが1月19日、東京・秩父宮ラグビー場で現役最後の試合に臨んだ。

 

 近鉄のロックとして加盟するトップチャレンジリーグの最終節に先発。2部相当の同リーグにあっては異例の14599人の観客が集まるなか、タックル、接点での味方ランナーへのサポート、ジャッカルなどタフなプレーを重ね、ボールを持てば「ルーーーク!」と歓声を浴びた。試合終盤には、普段は蹴らないゴールキックを2本決めて1本、成功。栗田工業に74―0で快勝した。

 トンプソンは身長196センチ、体重110キロの38歳。母国ニュージーランドのカンタベリー州では、スーパーラグビーのクルセイダーズのアカデミーなどでプレーも、さらなるチャンスを求めて2004年に来日。三洋電機で2年、プレーし、2006年から今季まで近鉄に在籍した。

 日本代表としては、同代表デビューを飾った2007年から4大会連続でワールドカップに出場。2015年のイングランド大会では南アフリカ代表などから歴史的3勝を記録し、献身的な防御でファンの共感を呼んだ。一時はこの年限りで代表引退を表明も、2017年に期間限定復帰を果たし、日本大会のある2019年にもカムバック。開催国としての8強入りを支えた。

 以下、共同会見時のトンプソンの一問一答。

「あの…ごめんね、疲れた、だから、変な日本語でね。あぁ、今日は特別な日。チームが勝った。(トップチャレンジで)優勝した。だから嬉しいね。それ一番、大事。僕の最後の試合、皆さん、たくさん来てたけど、仲間と一緒にいい結果と綺麗なグラウンド、素晴らしいいいメモリー。いい経験。いい感じです。そう。それだけ!」

――ジャージィの右胸に文字が書かれている。

「英語だけど、会社、チームからのメッセージ。僕は2006年から2020年までいて…最後だから。これも、いいメモリー。これは私の記念になります」

――ファンはトライを期待していた。試合終盤、チャンスはあったが大外の味方にパスをしました。

「もちろんやりたいけど、足遅いの。10年前ならチャンスがあったけど。マイケル(・ストーバーク)は速すぎる。チームが勝ったら、僕のトライはしょうがないです」

――試合後、グラウンドを回ってファンに挨拶をした時の気持ち。

「信じられへんよ。たくさんの凄い応援。(以下、英語で)キャリア全体をサポートしてくれた方に感謝の気持ちいっぱいで、それで謙虚な気持ちになれます」

――近鉄のジャージィはどんな意味を持つか。

「近鉄のジャージィ、誇り(に思い)ます。僕のクラブ、僕の仲間のジャージィ…。近鉄ジャージィと日本代表ジャージィ、そのふたつは、めちゃくちゃ大事です」

――そのふたつはもう着られない。気持ちは。

「いまの感じは、ちょっと疲れた。ちょっとシャワー欲しい。ちょっと臭いね、これ! …ちょっと寂しい。ラグビーを16年間、日本でプレー。むちゃ長い時間だよ。僕のライフにはずっとラグビーがあった。これからちょっと新しいチャレンジ。楽しみだけど、ちょっと緊張も。今日は凄い、誇り(に思い)ます」

――日本のラグビー、振り返って。

「ごめん、英語でいいですか? まず、すごく光栄です。日本ラグビーでここまでラグビーができたこと、日本代表になったことへも感謝の気持ちがいっぱいあるし、光栄です。貢献できた。プレーしてくれた仲間、コーチングスタッフ、応援してくれたファンの皆様、支えてくれた家族に感謝の気持ちがいっぱいで、言葉にならないくらいです」

 トンプソンはこの日、フル出場。有水剛志ヘッドコーチは「トモのたっての希望で80分間やりたいと。これを私が了承して80分間、出しました」とその背景を明かした。本人がかねて語っていた「俺は特別な選手じゃない、努力の選手」という思いが、そのままパフォーマンスに表れていた。