レアル・マドリーが、次のプランを立てようとしている。

マドリーは今夏、キリアン・エムバペを狙っていた。だが先日、エムバペとパリ・サンジェルマンの2025年夏までの契約延長が発表され、マドリーとしては補強を再考する運びとなっている。

そうなると、気になるのは久保建英の去就だ。

パリに残ったエムバペ
パリに残ったエムバペ写真:ムツ・カワモリ/アフロ

■パスポート問題

マドリーは現在、ヴィニシウス・ジュニオール、エデル・ミリトン、ロドリゴ・ゴエスがEU圏外枠の3枠を占めている。

以前より、ヴィニシウスがEUパスポートを取得するべく、マドリーは動いてきた。ただ、現時点で取得決定の一報は届いていない。

何より、ヴィニシウスがEUパスポートを取得したからとはいえ、その枠が久保に譲られるとは限らない。ボルシア・ドルトムントにレンタル中のヘイニエル・ジェズス、この4月にシャフタール・ドネツクから獲得したヴィニシウス・トビアスが、その枠のために控えている。とりわけ、トビアス(来季終了時までのレンタルに買取オプション付/現在Bチームでプレー)に関しては、18歳という若さ、 右サイドバックというポジションから、成長次第でトップチームに食い込んでくる可能性がある。

■美しいブループリント

エムバペ獲得失敗、ヴィニシウスのEUパスポート取得、そして久保のマドリー復帰、これが多くの日本人が描くブループリント(青写真)だろう。実際、そのように報じた方が、PV数や再生回数を稼げるであろうというのは想像に難くない。

久保は2021−22シーズン、1年レンタルでマジョルカに加入した。ビジャレアル、ヘタフェでの厳しい日々を終え、再び出場機会を得るために移籍を決めた。

だが、結論から言えば、そのレンタルは成功とは言い難いものだった。ハビエル・アギーレ監督の就任後、久保のレギュラーポジションは確約されていなかった。

1部の残留争いをしているチームで、レギュラーを奪取できていない選手が、レアル・マドリーでプレーするーー。私には、それがまったく現実的には思えない。

残留を決めたマジョルカ
残留を決めたマジョルカ写真:なかしまだいすけ/アフロ

今季の久保はリーガエスパニョーラで28試合に出場して1得点1アシストを記録している。