ヴィニシウスはレアルの「救世主」になれるのか?ジダンの信頼と、ストリートの匂い。

ドリブルするヴィニシウス(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

彼は、レアル・マドリーの「救世主」になれるだろうか?

新型コロナウィルスの影響で、リーガエスパニョーラでは無観客開催が常となった。マドリーが最後に本拠地サンティアゴ・ベルナベウに観客を入れて試合を行ったのは2020年3月1日だ。そこで得点を記録したのが、ヴィニシウス・ジュニオールである。

ベルナベウで得点を喜ぶヴィニシウス
ベルナベウで得点を喜ぶヴィニシウス写真:ムツ・カワモリ/アフロ

「ヴィニシウスに満足している。ふさわしい活躍だった。ファンタスティックな仕事をしてきた彼には、ゴールが欠けていた。それを決めて、自信になったと思う」とは今季のチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのリヴァプール戦後のジネディーヌ・ジダン監督のコメントだ。

「我々はヴィニシウスのプレーを楽しんでいる。彼の仕事ぶりに満足している。だが彼は若い。『世界最高の選手になれる』といったことを彼に言うべきではない。彼が落ち着いて取り組めるようにしなければならない」

■ストイックな姿勢

2018年夏にマドリーに正式加入したヴィニシウスだが、マドリーは彼の獲得に際して移籍金4500万ユーロ(約54億円)をフラメンゴに支払っている。

ブラジルからスペインに渡り、家族と共にマドリード郊外に移り住んだ。だがヴィニシウスは自動車免許を取得していなかったため、マルセロ、セルヒオ・ラモス、ルカ・モドリッチらが練習場への送迎を行っていた。

典型的な若者、というわけではない。ナイトクラブには行かず、自己管理を徹底している。マドリー加入直後、クラブに栄養士を紹介して欲しいと頼んだ。昨年のロックダウンの時期には、パーソナルトレーナーのチアゴ・ロボ氏とフィジカル強化に励んだ。そのトレーニングは一日5時間に及んだこともあったという。

一方で、インターネットやソーシャルメディアをうまく使いこなす。『インスタグラム』のフォロワー数は1118万人を超える。『Youtube』を始めるのも早かった。現時点でチャンネル登録者数は135万人だ。

ヴィニシウスとクロース
ヴィニシウスとクロース写真:ロイター/アフロ

ローマは一日して成らず。フットボーラーもまた、一朝一夕で上手くなるものではない。

ヴィニシウスの歩んだ道は平坦ではなかった。彼の父親はケーブルテレビで技術者として働いていた。しかしながら生活は苦しかった。時には、ヴィニシウスのサッカースクールの支払いが滞ることさえあった。

「経済的に難しい状況にあった。だから我々はヴィニシウスに練習に行くためのバッグを与えて、サポートした。スパイクを買ってあげたこともあった」と語るのは"カカウ"の愛称で親しまれるカルロス・エドゥアルド・アブランテス氏だ。

カカウはフラメンゴ提携のサッカースクールでヴィニシウスを指導していた。「ヴィニシウスは6歳で我々のスクールに入団した。最初から目を引く存在だった。なので、常に年齢が上の選手たちと練習していた。彼が7歳の時には、9歳の選手たちとプレーしていたが、それでも図抜けていた」

■漂うストリートの匂い

彼の両親は苦労していた。リオデジャネイロ州サンゴンサロは、州の中で最も貧しい地区といわれ、治安が悪い。そこから抜け出すために奮闘していた。

だが得たものもあった。「いま、僕がマドリーで見せているようなドリブルは、ストリートサッカーで覚えたものだ。サンゴンサロにいた頃から、恐れはなかった。対峙する相手を抜くのに、恐れを抱いたことはない。それはレアル・マドリーでも、フラメンゴでも、変わらないよ」とはヴィニシウスの弁である。

「僕にとって、ドリブルはゴールより簡単なんだ。僕が支配しているスキルだと言えるかもしれないね。当然、ゴールは自信を与えてくれる。だけど、それはすべての仕事の仕上げだと思っている」

自身が支配するスキル。ドリブルを武器に、ヴィニシウスはビッグクラブでの成功だけを考えて前を向いている。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    15日にリングに上がる元WBA/IBFスーパーバンタム王者ダニエル・ローマン林壮一5/12(水) 0:01
  2. 2
    「秒速30.3フィート」を記録した大谷翔平って、どれだけ速いの?他競技のトップアスリートと比べてみた三尾圭5/11(火) 5:46
  3. 3
    エンジェルスがプーホルスを解雇する理由。伏線は前日の試合にあった!?宇根夏樹5/7(金) 9:56
  4. 4
    マイナー降格オプション権を有する筒香嘉智を敢えて40人枠から外したレイズの厳しい決断菊地慶剛5/12(水) 12:04
  5. 5
    トライ&エラーで成長するWEリーグ・AC長野。プレシーズンマッチで初勝利、テーマは「超アグレッシブ」松原渓5/12(水) 10:00
  6. 6
    戦力外通告を受けた筒香の貢献度はメジャー1054選手中1023位三尾圭5/12(水) 11:21
  7. 7
    プーホルスにMVPを阻まれた選手と、プーホルスを凌いでMVPを受賞した選手。AJはどっちだった!?宇根夏樹5/12(水) 7:00
  8. 8
    奪三振トップ3にオリックスの3投手が並ぶ。24時間経たずに則本が割って入ったが…宇根夏樹5/12(水) 17:02
  9. 9
    伊2部で初の女性主審に選手から「最高の賛辞」 夢実現で次に願うは「名字で…」中村大晃5/12(水) 11:53
  10. 10
    アジア特別枠で来日した2人の若者、サーディ・ラベナとヤン・ジェミンが体感したBリーグとは青木崇5/12(水) 16:57