なぜデ・ブライネは「世界最高のMF」と称されるのか?グアルディオラの信頼...紐解かれるシャビの言葉

得点を喜ぶデ・ブライネ(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

マンチェスター・シティが、好調だ。

プレミアリーグ第31節でリーズに敗れたシティだが、首位の座を譲ってはいない。2位マンチェスター・ユナイテッド(未消化1試合)との勝ち点差は11ポイントで、優勝に向けて邁進している。

指示を出すデ・ブライネ
指示を出すデ・ブライネ写真:代表撮影/ロイター/アフロ

チャンピオンズリーグでは準決勝ファーストレグでホームにボルシア・ドルトムントを迎えて2-1と勝利しており、シティはベスト4進出に向けて前進している。シティ対ドルトムントの一戦では、アーリング・ハーランドに注目が集まっていた。だが、違いをつくったのはケヴィン・デ・ブライネだった。デ・ブライネはシティの先制点を記録。決勝点のシーンでは、アシストしたイルカイ・ギュンドアンのランニングを見逃さずに正確なフィードを送っていた。それだけではなく、試合を通じて正確なキックとコントロール、ポジショニングで確実にドルトムント守備陣の穴を突いていた。

「ハーランドは素晴らしい選手だ。それは数字が物語っている。だがフットボールはチームスポーツだ。我々には1億ユーロ(約128億円)以上の選手は買わないという方針がある。1億ユーロ以上の選手を買うことが競争的な意味合いでアドバンテージになるとも思えないけれどね」とはグアルディオラ監督の弁である。

■チームスポーツと中盤の重要性

グアルディオラ監督が語るように、フットボールはチームスポーツである。

なかでも中盤の構成力は試合の鍵を握る。バルセロナの黄金時代にはセルヒオ・ブスケッツ、シャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタが中盤に君臨した。そのチームを率いていたのは、グアルディオラ監督に他ならない。

近年のフットボールにおいて、中盤の重要度は増している。

チャンピオンズリーグで3連覇を達成したレアル・マドリー(カゼミーロ/クロース/モドリッチ)、2018-19シーズンの欧州王者リヴァプール(ファビーニョ/ヘンダーソン/ワイナルドゥム)、昨季の欧州王者バイエルン・ミュンヘン(ゴレツカ/キミッヒ/チアゴ)と強豪には頼れるMFがいた。

今季のチャンピオンズリーグで8強に名を連ねたドルトムント(ダフート/ベリンガム/エムレ・ジャン)、パリ・サンジェルマン(ヴェッラッティ、パレーデス、ゲイェ)、チェルシー(ジョルジーニョ/コバチッチ/カンテ)、ポルト(セルジオ・オリベイラ/ウリベ/グルイッチ)、シティ(ロドリ/ギュンドアン/デ・ブライネ)、中盤に3枚配置する形とダブルボランチでローテーションする手法で異なるが、ミドルゾーンを厚くする各チームの考え方は一致している。

■メッシの次点

シティは先日、デ・ブライネと2025年までの契約延長を行った。

デ・ブライネはシティ加入以降、公式戦255試合に出場して65得点101アシストを記録している。

今季のプレミアリーグでは24試合5得点11アシストを記録しているデ・ブライネだが、ギュンドアン(24試合12得点2アシスト)、ベルナルド・シウバ(23試合2得点4アシスト)、ロドリ(28試合1得点1アシスト)以上にゴールに絡んでいる。

グアルディオラ監督とデ・ブライネ
グアルディオラ監督とデ・ブライネ写真:ロイター/アフロ

「デ・ブライネは私が指導した中でベストプレーヤーの一人だ。(リオネル・)メッシがいるが、彼は別次元。だがメッシの次にはデ・ブライネがくる」とはグアルディオラ監督の言葉である。

「デ・ブライネがチームにいるのは本当に素晴らしい。彼は特別な選手だと思う。常にどういうプレーすべきかを心得ている。ポジショニングはいつも的確だ。彼がチームにいることは幸運だよ。我々と共にプレーを楽しんで欲しい」

「デ・ブライネという人間を深く理解しているわけではない。だが彼は落ち着いていて、家族と共に過ごすのを好み、トレーニングや試合を待ち遠しいと思うようなタイプだ」

■ブレイン

歴史を紐解けば、常勝のチームには「ピッチ上の監督」と称されるような選手がいた。

シャビ、アンドレア・ピルロ、ガビ・フェルナンデス...。オーケストラの指揮者のようにタクトを振るい、試合を読む力に長け、攻守においてポジショニングで効果を出し、指揮官のマインドをプレーを通じて体現していた。

こんにちでは、中盤の選手に走力が求められるようになっている。加えて、得点力、2列目からの飛び出す能力などが要求される。そういったアビリティを兼ね備えているのが、まさにデ・ブライネである。

「デ・ブライネは世界最高のMFだ。違いをつくれるし、信じられないクオリティを備えている。彼は別次元にいるというのが僕の見解だ」

現在、アル・サッドで指揮を執るシャビ監督が、そうデ・ブライネを称賛している。世界最高のMF--。そんなデ・ブライネを擁するシティが、タイトル獲得に近づいているのは、何かを暗示しているのかもしれない。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    なぜ悪童ネリは負けたのか木村悠5/17(月) 7:05
  2. 2
    本塁打王を獲得したシーズンに登板した選手は、ルース以外にもいるのか。大谷は現在1位タイの12本塁打宇根夏樹5/17(月) 14:40
  3. 3
    WBA/WBC統一スーパーバンタム級戦で、ルイス・ネリがKO負け。ブランドン・フィゲロアが2冠王者に林壮一5/17(月) 0:01
  4. 4
    「韓国MVPの“大屈辱”」阪神・ロハスの20打席連続無安打を韓国メディアはどう報じた?金明昱5/16(日) 12:33
  5. 5
    サニブラウンが1年半ぶりのレースを直前回避した理由三尾圭5/17(月) 6:48
  6. 6
    男子バレー 東京五輪へのサバイバル。髙橋、大塚、高梨ら新星が躍動! 西田、清水、柳田は?大林素子5/17(月) 9:00
  7. 7
    無観客開催のトップリーグ準決勝で運営トラブル。改善に期待。【ラグビー雑記帳】向風見也5/17(月) 6:00
  8. 8
    日向坂46が『君しか勝たん』のヒット祈願でチアリーディングに挑戦!5月26日に生配信で披露三尾圭5/17(月) 13:46
  9. 9
    なぜウェーバー明けまで待たなかった?何とか筒香嘉智をトレードしたかったドジャースと応じたレイズの思惑菊地慶剛5/17(月) 9:17
  10. 10
    サントリーが6度目優勝へ王手。意図した「アンストラクチャー」。【ラグビー旬な一問一答】向風見也5/16(日) 20:44