グアルディオラやクロップはなぜSBを重視するのか?アウベスとロバートソンに見るサイドバック「進化論」

グアルディオラとアウベス(写真:アフロ)

サイドバックは重要なポジションだ。

彼らが大活躍して新聞の一面を飾ることも基本的にはない。だが優秀な監督は確実にこのポジションの選手を評価している。この夏、セルヒオ・レギロンやアクラフ・ハキミに高値が付いたように、それは明らかだ。

■サイドバックの評価

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督、インテルのアントニオ・コンテ監督がレギロンとアクラフを欲しがった。インテルに関しては、【3-5-2】のシステムでプレーしている。問題はウィング型の選手かサイドバック型の選手のどちらをWBに据えるかだ。コンテが選んだのはサイドバック型のアクラフだった。

バルセロナの黄金時代で、ジョゼップ・グアルディオラ監督はダニ・アウベスを重宝した。2018-19シーズンにチャンピオンズリーグを制したリヴァプールで、ユルゲン・クロップ監督にとってアンドリュー・ロバートソンは欠かせない選手だった。

【4-3-3】で、ボール保持時、サイドバックは高い位置を取る。中盤の選手と化して、ポゼッションに参加するためだ。D・アウベスには技術、ロバートソンにはロングクロスとサイドチェンジという武器がある。そこを起点に、チームの攻撃が展開されていく。

興味深いのは、リオネル・メッシとロベルト・フィルミーノの存在だ。グアルディオラはメッシのファルソ・ヌエベ(偽背番号9)を発明して彼をCF起用した。いわゆるゼロトップで、メッシには自由が与えられ、彼の得点能力は開花した。クロップは3トップの中央にフィルミーノを据えた。フィルミーノはストライカーらしいストライカーではない。中盤に降りてきて、ゲームメイクをしながら、機を見て自らがゴール前に入っていく。

ゼロトップとの連携力でいえば、D・アウベスが高かったと言えるだろう。バルサに在籍した8シーズンで、D・アウベスはメッシに対して23アシストを記録している。また、D・アウベスはグアルディオラのチームで、【3-4-3】では偽ウィングになった。2011年のクラブ・ワールドカップ決勝のサントス戦で、グアルディオラは3-4-3<実質的3-7-0>を使用した。グアルディオラ自身が「あれがバルサ時代のベストゲームだった」と認める試合である。そういった試合で、ウィングの役割を担っていたのがD・アウベスだった。

■数的優位と空間的優位

一昔前と比べ、サイドバックのプレーのバリエーションは増加した。代表的なのはインナーラップとオーバーラップだ。ウィングがボールを保持している時、以前であれば、サイドバックはその外側を走った。オーバーラップである。そうして、数的優位ができる。ただ、いまは、ボールを保持するウィングに対して、内側を走る場面がある。これがインナーラップだ。数的を作れるだけでなく、空間的優位をボールホルダーに与えられる。この「走り分け」が上手いのがフェルラン・メンディ(レアル・マドリー)、ホセ・ルイス・ガヤ(バレンシア)、レギロンといった選手たちだ。

とはいえ、最新の戦術が常に正解というわけではない。アトレティコ・マドリーで、ディエゴ・シメオネ監督はマリオ・エルモソを左サイドバックで使っている。エルモソの適性は左センターバックだ。彼がエスパニョールで評価を高めたのは、左利きでビルドアップ能力が高いセンターバックとしてだった。だが先のバルサ戦でシメオネ監督はエルモソを左SBで使い、それだけではなくヤニック・カラスコを下げて5バックを形成した。

最新型であれ、オールドタイプであれ、問題ではない。重視されるのは結果だ。ただ、そこにサイドバックがどのように携わっているかに注目すると、意外な事実が見えてくるかもしれない。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    9年連続殿堂入りを逃したカート・シリング氏が来年の候補リストからの削除要請を表明した本音菊地慶剛1/27(水) 13:54
  2. 2
    東京五輪報道に見えた真の「アスリートファースト」──開幕の半年前に起きた変化が意味するもの森田浩之1/27(水) 11:00
  3. 3
    「カネロと戦いたい!」IBFスーパーミドル級王者カレブ・プラントが30日に防衛戦林壮一1/27(水) 0:01
  4. 4
    村田諒太、ゴロフキンの次戦の動きは?2021年ミドル級戦線の情勢と展望三浦勝夫1/26(火) 11:56
  5. 5
    本塁打王を「獲得していない」選手の通算本塁打ランキング。トップ3は500本以上、中田翔は29位宇根夏樹1/25(月) 7:00
  6. 6
    SK球団を大手スーパーのイーマートが買収へ 2000年代の韓国球界をリードした主役の撤退に衝撃走る室井昌也1/26(火) 7:30
  7. 7
    バニーズ京都SCの松田望が史上6人目の300試合達成。17シーズンを駆け抜けた体と心の調整力とは松原渓1/27(水) 8:00
  8. 8
    【ホークス育成新人File】育成下位の左腕は成り上がる? 育成7位・大城真乃田尻耕太郎1/27(水) 7:30
  9. 9
    明瀬山、初の三賞逃すも功績は大きい 大栄翔の優勝に沸いた初場所で称えたい力士たち飯塚さき1/26(火) 7:00
  10. 10
    不適切発言でラルフローレンから契約解消されたJ・トーマスに別のスポンサー、シティが出した「ある条件」舩越園子1/26(火) 9:36