中田英寿と久保建英の、メディア戦略と類似性。

フィオレンティーナ時代の中田(写真:Enrico Calderoni/アフロスポーツ)

時代は、彼らと共に築かれていく。

日本サッカー界に、名前を残すような選手がいる。中田英寿や久保建英の名がその歴史に刻まれることは間違いないだろう。中田はイタリアで、久保はスペインで、すでに誰も成し得ていない偉業を達成している。

この記事は有料です。
誰かに話したくなるサッカー戦術分析のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

誰かに話したくなるサッカー戦術分析のバックナンバー2020年6月サンプル記事

森田泰史

価格

550(記事4本)

2020年6月号の有料記事一覧

すべて見る

リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    1000三振以上を喫した打者の「三振率ランキング」。今季到達した中田翔と丸佳浩は何位?宇根夏樹7/7(火) 7:00
  2. 2
    エクリプスS詳報とディアドラのマーフィー騎手が語る敗因とは……平松さとし7/7(火) 6:30
  3. 3
    メッシ、スアレス、グリーズマンの共存は?バルサの優勝に向けたセティエンの秘策。森田泰史7/7(火) 7:32
  4. 4
    おじいちゃんの手作りバッティングセンターで育った少年 20歳でBC信濃入りし奮闘中室井昌也7/7(火) 7:36
  5. 5
    大谷翔平の復帰登板は、相手も球場も2年前のデビューと同じ!? 日本人打者との対戦予定はなし宇根夏樹7/7(火) 15:09
  6. 6
    サッカーと怒り。メッシとイ・ガンインの違い小宮良之7/3(金) 12:00
  7. 7
    人種差別によるチーム名変更に疑義を呈する米大統領と的確な現状認識を示したインディアンズ監督菊地慶剛7/7(火) 18:58
  8. 8
    3チームが練習中止に追い込まれたMLBの不手際にクリス・ブライアントが漏らした本音菊地慶剛7/7(火) 11:25
  9. 9
    堅実補強でなでしこリーグ2部優勝を狙うスフィーダ世田谷FC。昇降格がなくても順位にこだわる理由とは?松原渓7/7(火) 8:00
  10. 10
    今宮健太とは対照的に「犠打の少ない選手」たち。7000打席以上でゼロも宇根夏樹7/6(月) 12:05