ラウタロはメッシの「新たな相棒」になれるのか?バルサで課せられる困難な使命。

トディボと競り合うラウタロ(写真:Maurizio Borsari/アフロ)

バルセロナがラウタロ・マルティネス獲得に向けてインテルと交渉を続けている。ミラレム・ピャニッチ、ネイマールといった選手が獲得候補に挙げられているが、バルセロナはラウタロの獲得を最優先に動いているようだ。バルセロナはすでにラウタロと個人合意に至っているといわれている。年俸1200万ユーロ(約14億円)の5年契約という大型契約が成立する見込みだ。

一方でインテルとの交渉は難航している。インテルでスポーツディレクターを務めるピエロ・アウリジオは先日、「バルセロナとコンタクトを取った。彼らとの関係は良好だ。だが我々にラウタロを売るつもりはない。彼を獲得する唯一の方法は契約解除金を支払うことだけだ」と語り、契約解除金1億1100万ユーロ(約133億円)の支払いを要求した。

■メッシの新たな相棒

インテルとしては、第一にラウタロの代役を確保しなければならない。マウロ・イカルディのパリ・サンジェルマンへの完全移籍が決定しているため、以前にも増してその必要性に駆られている。エディンソン・カバーニが筆頭候補とされているものの、現時点で合意には至っていない。

対して、バルセロナはあと数年メッシを中心にチーム作りを進めるだろう。そこで選ばれたのがラウタロだ。そしてラウタロはメッシの最高のパートナーであるルイス・スアレスの代わりを務める存在になり得る。

スアレスがバルセロナに加入したのは2014年夏だ。以降、メッシの相棒は彼以外に考えられなかった。バルセロナは移籍金8100万ユーロ(約97億円)でリヴァプールからスアレスを獲得。バルセロナでプレーした6シーズンで、270試合191得点を記録している。1試合平均0.7得点で、スアレスの1ゴールは40万ユーロ(約4800万円)になる。費用対効果は抜群である。

■バルセロナのアタッカー陣

アルダ・トゥラン、パコ・アルカセル、ウスマン・デンベレ、ジェラール・デウロフェウ、ケヴィン=プリンス・ボアテング、マウコム、フィリペ・コウチーニョ、アントワーヌ・グリーズマン、マルティン・ブライスホワイト...。2015年夏から2019年夏にかけて複数のアタッカーがバルセロナに到着した。

9選手の獲得費は4億8200万ユーロ(約578億円)に上る。彼らが記録したのは90得点で、スアレス一人の得点数に遠く及ばない。1試合平均0.26得点で、1ゴールは530万ユーロ(約6億円)の計算になる。

とりわけ、デンベレ、コウチーニョ、グリーズマンの獲得には巨額の資金が投じられた。彼らは2017年夏に退団したネイマールの代わりに加入したが、気付けばバルセロナはスアレスの後釜を確保しなければならない状況に置かれている。

33歳のスアレスに代えて、22歳のラウタロを据えるというのは理にかなっているように見える。ただ、そのミッションは決して簡単なものではない。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    3ケタ背番号で「一軍復帰」。高濱祐仁が放った「あの日」から1022日目のヒット阿佐智7/10(金) 7:30
  2. 2
    イ・ボミ「ルーキーのような心持ちで」韓国女子ゴルフに出場中!!慎武宏7/10(金) 6:33
  3. 3
    読売ジャイアンツの生え抜き1000安打。川上哲治から亀井善行まで宇根夏樹7/10(金) 13:35
  4. 4
    通算8000本塁打に王手のヤクルト。過去の記念弾達成者には2人の捕手に「決めポーズ」で人気の助っ人も菊田康彦7/10(金) 8:00
  5. 5
    バルサのS・ロベルトの「再コンバート」は成功するか?求められる「旗手」の存在と若返り。森田泰史7/10(金) 11:21
  6. 6
    なぜ森保監督「兼任体制」は継続されたのか? 日本サッカー界の最重要テーマを読み解く元川悦子7/10(金) 12:00
  7. 7
    [高校野球]あの夏の記憶/すごすぎてマンガにもしにくかった……怪物・江川卓 その2楊順行7/10(金) 0:01
  8. 8
    シーズン150安打なしで通算1000安打は、亀井善行が何人目? そのなかには通算2000安打以上も宇根夏樹7/10(金) 11:11
  9. 9
    なぜ“岡山劇場”の岡山一成は監督になったのか。JFL昇格を目指すVONDS市原の新指揮官が決意語る金明昱7/10(金) 7:00
  10. 10
    MLBに新たな不手際が発覚! ドミニカ人選手をPCR検査せずに米国に搬送し機内クラスター発生か菊地慶剛7/10(金) 10:52