レアル・マドリーの監督解任回避には「奇跡」が必要か。必要な立て直しと、未来が懸かるクラシコの結果。

ベンゼマとセバジョスに指示を送るロペテギ監督(写真:ロイター/アフロ)

ノーゴールの呪縛からは、解放された。だがレアル・マドリーは出口の見えないトンネルから抜け出せずにいる。

リーガエスパニョーラ第9節、レバンテ戦。本拠地サンティアゴ・ベルナベウの一戦で、マドリーは1-2と敗れた。首位バルセロナに勝ち点4差をつけられ、暫定5位に沈んだ。

それだけではない。リーガ第6節でセビージャに0-3と敗れたのを皮切りに、第7節アトレティコ・マドリー戦(0-0)、チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節CSKAモスクワ戦(0-1)、第8節アラベス戦(0-1)と5試合未勝利が続いている。

また、レバンテ戦を前に、マドリーは410分間無得点が続いていた。1984-85シーズンに記録した、494分間無得点というワーストの数字に迫っていた。

71分にマルセロが得点を挙げ、今回の無得点記録は481分で止まった。不名誉なレコードの更新こそ免れたが、ベルナベウでの敗戦でマドリディスタたちの間に悲観的な空気が漂った。

■VARの影響とC・ロナウド不在

レバンテ戦で、マドリーは2度ゴールを取り消された。17分のマルコ・アセンシオのゴールと、88分のマリアーノ・ディアスのゴールだ。そして、12分にはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による確認の上、レバンテ側にPKが与えられた。

かつてのリーガにおいては、アンヘル・マリン・ビジャール当時スペインサッカー連盟会長にちなみ、「ビジャラート」と揶揄されるほど、ジャッジは2強に偏っているとみられていた。だがVARの導入で、そういった曖昧な判定は一掃された。

アセンシオのゴールにしても、リプレイを見れば、オフサイドだったのは明らかだ。いくら抗議しても、映像で確認すれば、その判定は覆りようがない。

だがマドリーが不振に喘ぐ原因を、判定だけに限定することはできない。ユヴェントスに移籍したクリスティアーノ・ロナウドが抜けた穴は、大きい。「太陽を指で塞ぐような真似はできない」と、ケイロール・ナバスは語った。眩いばかりの光が去り、対比として訪れた影は余りにも濃く暗い色合いを呈している。

C・ロナウドの後継者として期待され、復帰を果たしたのがマリアーノだ。しかしながら、現時点では、「レアル・マドリーの背番号7」という重荷に耐え切れていないように見える。フアニート、エミリオ・ブトラゲーニョ、ラウール・ゴンサレスといった選手たちが付けてきた番号には特別な意味が宿るのだ。

■機能しないプランBにクラシコの結果

ここまでのリーガで、マドリーの平均ポゼッション率は69,5%だ。「ボールを握るフットボール」を実践するために招聘されたフレン・ロペテギ監督だが、この点に関しては条件をクリアしている。

一方でロペテギ監督の采配には疑問符が付く。最も多いのは、試合途中にダニ・セバジョスを投入するというパターンだ。ロペテギ監督は、この交代策でポゼッションを高め、前線の選手が流動的に動くことによる攻撃の活性化を狙っている。しかしながらマドリーの一番の課題は得点力不足で、彼はそれを解決するための手段をいまだ明示できずにいる。

スペイン『マルカ』のアンケートでは、およそ54%がクラシコ前のロペテギ解任を支持している。投票数10万票を超えたアンケートで、このタイミングでの彼の解任に「ノー」を唱えたのは、46%だった。

マドリーが最後にシーズン中に監督解任を断行したのは、2015-16シーズンだ。フロレンティーノ・ペレス会長は、ラファエル・ベニテスからの指揮官ポスト剥奪と、カスティージャ(Bチーム)を指揮していたジネディーヌ・ジダンの昇任を決断した。

現在、マドリーのカンテラ(下部組織)にはサンティアゴ・ソラーリ、シャビ・アロンソ、ラウール・ゴンサレスといったレジェンドが指導の現場に立っている。だがジダンほどのカリスマ性を備えている者はいない。あるいは経験の圧倒的な不足、資格の有無が足枷となっている。

鍵を握るのは、10月28日のリーガ第10節、バルセロナ戦だ。これがロペテギ監督のラストチャンスになるかもしれない。

なお、バルセロナはリオネル・メッシの負傷欠場が濃厚となっている。しかし、ベニテス解任の引き金となったあのクラシコにおいて、奇しくもマドリーはメッシがスタメンから外れたバルセロナを相手に、0-4と大敗した。

「ロペテギに対しては、全選手が信頼を置いている」とは主将を務めるセルヒオ・ラモスのコメントだ。彼の言葉を信じるのであれば、チーム内で火種は燻っていない。しかしながらクラブの対応は、時として不条理な結果をもたらす。予断を許さない状況で、挽回するにはもはや奇跡が必要なのかーー。マドリディスタの心は揺さぶられている。