世界遺産登録に近づく!「鳴門の渦潮」を徹底解明へ

激しい潮流によって起こる鳴門の渦潮。世界遺産登録なるか?(ペイレスイメージズ/アフロ)

 四国と兵庫県・淡路島の間、鳴門海峡で発生する「鳴門の渦潮(うずしお)」を世界遺産に登録しようという取り組みが、地元で進められています。現在、登録に向けて進められている調査で、その全体像や価値が、科学的に明らかになってきました。

 激しい潮の流れが海面に渦巻き模様を描く「鳴門の渦潮」。ダイナミックな自然現象をひと目見ようと、多くの人が鳴門海峡に訪れます。海上45メートルの地点から渦潮を観測できる徳島県鳴門市の「渦の道」を訪れる外国人観光客も年々増えています。

ダイナミックな自然現象をひと目みようと、多くの人が訪れる
ダイナミックな自然現象をひと目みようと、多くの人が訪れる

 この自然現象を世界遺産に登録しようと奮闘しているのが、兵庫、徳島両県の関係自治体や民間団体などでつくる兵庫・徳島「鳴門の渦潮」世界遺産登録推進協議会です。鳴門の渦潮の仕組みや、推進協議会の取り組みについては、2017年11月の記事でも書きました。

直径は最大30メートル?!「鳴門の渦潮」を世界遺産に

 協議会が目指す、自然遺産での世界遺産登録のためには、「最上級の自然現象またはたぐいまれな自然美・美的価値」などの価値を証明しなければいけません。このため協議会では、兵庫県側が自然分野、徳島県側が文化分野と手分けをして、学術調査を進めています。

 18年3月、徳島県鳴門市内で開かれた協議会の総会では、両県の調査活動の成果が報告されました。このうち、兵庫県側の調査報告で、「直径20メートル以上のうず」や、「鳴門海峡でしか見られないさまざまなうず」が確認されたことが分かったのです。

 鳴門の渦潮は、これまで世界最大規模と言われながら、うずの大きさや発生メカニズムを科学的に証明したデータは、ほとんどありませんでした。

「最上級の自然現象で、たぐいまれな自然美」であることを証明

 兵庫県側の学術調査委員会は、17年11月に鳴門海峡で、12月から18年2月にかけて、愛媛県の来島海峡や、山口県と福岡県の間にある関門海峡、長崎県の針尾瀬戸で、ヘリコプターやドローン、GPS(全地球測位システム)搭載ブイなどを使って現地調査を実施。それぞれのうず・潮流の特徴や発生のメカニズムなどを比較しました。

兵庫県側の学術調査委員会が行った現地調査の様子
兵庫県側の学術調査委員会が行った現地調査の様子

 その結果、鳴門海峡では、下に向かって巻いていく「下降渦」、下降渦がいくつも連なった「渦連」、潮流が速い流れの両側でうずが起こり、やがて合わさっていく「渦対(うずつい)」、海底から盛り上がった「湧昇渦(ゆうしょううず)」と、多様なうずが確認されました。

鳴門海峡で確認された多様なうず(鳴門海峡の渦潮世界遺産登録学術調査委員会提供)
鳴門海峡で確認された多様なうず(鳴門海峡の渦潮世界遺産登録学術調査委員会提供)

 また、レーザー計測でうずの大きさを定義したところ、最大直径20メートルを超える大規模なうずがいくつも見つかりました。最も大きいうずは、直径23.4メートルを記録しました。

 来島海峡でも、下降渦は見られましたが、同じ場所でのみ発生し、鳴門のような大規模なうずは確認できませんでした。関門海峡や針尾瀬戸でも、大きなうずは確かめられませんでした。

 鳴門の渦潮が、世界遺産登録に必要な「最上級の自然現象で、たぐいまれな自然美を感じることができる」現象であるということが、少なからず証明されたのです。

 調査を担当した広島工業大学の上嶋英機客員教授は「大きいものは20メートル以上あるということや、渦連となって移動しながら発達し、集合体である渦対をつくるのは、鳴門だけであるということが分かりました」と話しました。

協議会の総会で調査成果を報告する広島工業大学の上嶋英機客員教授
協議会の総会で調査成果を報告する広島工業大学の上嶋英機客員教授

 学術調査は、19年度までを予定しています。兵庫県の担当者によると、18年度は、三次元でのうずの構造解析や、鳴門海峡の地形からうずを生み出すメカニズムを探るなど、さらに詳細な調査を行うほか、ノルウェーのサルトストラウメン海峡やイタリアのメッシーナ海峡といった海外の渦潮との比較調査も進めていくそうです。

 このようにして、徐々に鳴門の渦潮の“すごさ”が解明されてきています。世界遺産登録までの道のりは長いですが、少しずつ、近づいていってほしいです。

2017年度の調査では、最大直径20メートルを超えるうずがいくつも確認された
2017年度の調査では、最大直径20メートルを超えるうずがいくつも確認された

撮影=筆者(一部提供)